基本クッキー

2017/09/12
スペインのスタイルです。マンテカードはマンテカ(動物脂)からの由来だそうで、大変有名な地方銘菓になっています。動物脂はバターの他、ラードなども使用されます。基本配合はこれも古今でさまざまですが、ここでは粉3:バター2:砂糖1の配合です。仕上げは粉糖をたっぷりまぶします。
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

アーモンドクッキー

2017/09/12
スペインのスタイルです。世界中に知られているクッキーです。特徴は粉を空焼きすることで、これによって非常にほろほろとした食感になります。配合は古今いろいろありますが、最近の配合です。また、油脂は基本はラードですが、ここではバターに替えました。ラードとバターを同割りにすることもできます。
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

オレンジピールの扇クッキー

2017/05/09
スイスのスタイルです。エヴァンタイユは、仏語で扇という意味です。クッキー生地を扇の抜き型か、ナイフで切り抜いて作ります。また、エヴァンタイユは、扇の形に整えれば、クッキーの他、焼き菓子やチョコレートなど、さまざまなお菓子につけられます。
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

ロール・サブレクッキー

2017/04/25
フランスのスタイルです。サブレ・ルーレは、仏語でロールにしたサブレクッキーという意味です。クッキー生地をロール状に丸めてスライスして焼き上げます。焼成後は渦巻き状になっています。どの国にもありますが、ここではフランスのものを取り上げます。
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

ショコラ風味の固いアーモンドメレンゲクッキー

2017/04/11
スイスのスタイルです。クロケはナッツ、とくにアーモンド入りのかりかりとした焼き菓子を指します。配合と作り方もさまざまでヨーロッパ各国で伝統的な菓子として存在しています。ここではメレンゲの焼き菓子を紹介します。なお、クロケは、パン粉をつけて揚げる温製冷製アントルメであるクロケットとは、語源は同じでも違います。
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
« 前のページ    |    次のページ »
ページトップ ▲