フルーツ・グラタン

2010/04/29
スイスのスタイルです。グラタン・オ・フリュイは、仏語でフルーツ入りのグラタンという意味です。このフルーツ・グラタンの生地は、卵黄だけで作るプリン生地になります。卵白が入らないので、よりなめらかな生地になります。フルーツの甘みとカスタードがマッチした、やさしい味わいのグラタンです。
by レシピライブラリ | 冷たいスウィーツ | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

いちごのなめらかプリン

2010/04/29
スイスのスタイルです。プディング・ア・ラ・フレーズは、仏語でいちご入りのカスタードプリンと言う意味です。生地は、基本のカスタードプリン生地のひとつで、全卵と卵黄が同じ割合になります。卵黄の割合を多くすることで、なめらかなプリン生地に仕上がります。最後は、生クリームといちごをのせて仕上げます。
by レシピライブラリ | 冷たいスウィーツ | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

パンプディング

2010/04/22
スイスのスタイルです。プディング・オ・パンは、仏語でパンプディングという意味です。生地の配合と作り方は基本中の基本になります。コツは食パンに生地を充分に浸してから湯煎焼きします。熱いうちでも、冷やしてもおいしくいただけます。
by レシピライブラリ | 冷たいスウィーツ | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

カスタードプリン(生クリーム仕立て)

2010/04/22
スイスのスタイルです。プディング・ア・ラ・クレームは、仏語でカスタードプリン、生クリーム仕立てという意味です。まず基本のカスタードプリンを作ります。生地は基本中の基本配合です。湯煎焼きした後に冷やし、これに生クリームを絞るオーソドックスなタイプです。
by レシピライブラリ | 冷たいスウィーツ | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

チョコレートのクリームデザート

2010/04/15
スイスのスタイルです。リュバネは、仏語でリボンのような縞模様という意味です。チョコレートクリームで縞模様にします。ここでは3層のクリームです。チョコレートと生クリームの配合比で軽い、中ぐらい、重いクリームを作ります。結構、濃厚なので小さめの型で作るといいかもしれません。
by レシピライブラリ | 冷たいスウィーツ | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
« 前のページ    |    次のページ »
ページトップ ▲