焼きショコラ

2010/01/30
ベルギーのスタイルです。プティ・タンブールは、仏語で「小さな太鼓」。チョコレート入りの生地を小さな型に流して焼き上げます。型は、太鼓のように丸く少々深いものなので、高さのある小さな丸型で焼き上げます。ここでは、紙カップ又はアルミカップを使用します。
by レシピライブラリ | チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

チョコレートの小板

2010/01/30
ベルギーのスタイルです。プランシェットは、仏語で小さな板を意味します。直訳すると「チョコレートの小板」です。板状にカットしますが、四角い形であればどんな四角でも結構です。ただし、大きさは一口大です。生地はやわらかく口溶けの良い配合比です。
by レシピライブラリ | チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

しっとりチーズケーキ

2010/01/21
スイスのスタイルです。ケイク・フロマージュは、仏語で「チーズ入りのパウンドケーキ」を意味します。チーズとバターの風味が高いケーキです。このレシピは基本配合ですが、よりしっとりとしたバリエーションもあります。その場合は、小麦粉を最大半分まで減らして作ります。
by レシピライブラリ | スポンジ | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

コクのあるチーズケーキ

2010/01/21
スイスのスタイルです。マルグリット・フロマージュは、仏語で「チーズ入りのマーガレット」という意味です。本来は、ひな菊(マーガレット)の花型に流して焼きます。ここではごく一般的なカップ型で焼き上げます。生クリームが入っているので、コクのある仕上がりになります。
by レシピライブラリ | スポンジ | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

軽いクリーム入りケーキ

2010/01/14
ドイツのスタイルです。ライヒテ・ザーネケイクは、独語で「軽い生クリーム入りケイク」という意味です。油脂の代わりに生クリームが使用される、ちょっと珍しいタイプのレシピです。ヨーロッパでも最近は見かけなくなりましたが、さっぱりとした味わいは、今の時代に合うのではないかと思います。
by レシピライブラリ | スポンジ | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
« 前のページ    |    次のページ »
ページトップ ▲