パインの焼きタルトレット

2010/11/10
フランスのスタイルです。タルトレット・オ・ザナナは、仏語でパイナップルのタルトレットという意味です。本来は、パーティーや宴会などで楽しむプティ・フールの一種で、一口大の小さなタルトレットの上にアーモンド生地とフレッシュ、又はシロップ煮のパインを乗せて焼き上げます。
by レシピライブラリ | タルト | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

ココナッツメレンゲ

2010/11/03
フランスのスタイルです。ムラング・オ・ココは、仏語でココナッツ入りのメレンゲという意味です。メレンゲは基本である卵白1:砂糖2の配合で、ホット製法で仕込みます。出来た生地は低温でゆっくりと乾燥焼きします。バニラを加えることで、風味を高めます。
(製作・協力/元帝国ホテル製菓部長・現二葉製菓学校校長 加藤 信)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。

ダコワーズ

2010/11/03
フランスのスタイルです。パート・ア・ダコワーズは、仏語でダコワーズ用生地という意味です。もともと大型のホールケーキなどの底生地などに利用されているものですが、日本では小型に焼かれたものがおなじみです。通常は、バタークリームをはじめ、チョコレートクリーム、ナッツクリームなどがサンドされ、バリエーションも豊富です。
(製作・協力/元帝国ホテル製菓部長・現二葉製菓学校校長 加藤 信)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
« 前のページ    |    次のページ »
ページトップ ▲