しっとりスポンジのチョコ生ケーキ

2010/08/04
ドイツのスタイルです。ヴィーナーマッセは、独語でウイーン風の生地という意味です。プロの世界では、ヴィーナーマッセというと厳密にバター入りスポンジを指し、油脂の入らないスポンジと区別されています。ここではヴィーナーマッセの中でも軽いエリアに入るレシピを紹介します。また製法上、油脂を加えるのは、ヨーロッパの中でも独特な製法です。単に溶かしバターではなく、油脂温度の高い、熱いバターを加えます。地域によりますが、50℃〜80℃の熱いバターを加えることによって、生地の安定度を高めます。

デコレーションはチョコ生クリームと削りチョコで仕上げます。
by レシピライブラリ | スポンジ | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバックURL:
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
ページトップ ▲