このレシピの人気? >>   (^_^) 21票  (-_-) 4票  (>_<) 4票
ケーキ作りの注意事項 アイコン説明 ケーキ用語集 換算表 Q&A
CakePiaレシピ 友達にメールですすめる 携帯アドレスに材料を送る プリント用画面が開きます
BUTTER TEIG
ブッター・タイク ビスケット生地
World Traditional Recipe スイス
ブッター・タイク
使用器具    

公開日:2002-06-20
スイスのスタイルです。基本中の基本ですから、簡単です。プロが最初にならうレシピです。このレシピは、バターと砂糖が同量、小麦粉はバターと砂糖の合計量、卵は全体量の10%です。過去のレシピにもあります。作り方も一緒だと思います。参考にしてください。また、ツッカー・タイクミュルプ・タイクも紹介しています。同じ作り方ですが、ポイントを違う表現で説明していますので、これも参考になります。
作ってみてどうでした?
おすすめ! (^_^) まぁまぁ (-_-) イマイチ! (>_<)
作り方
●調理コメント
●作り方
ブッター・タイクの作り方 写真1
写真1
ブッター・タイクの作り方 写真2
写真2
ブッター・タイクの作り方 写真3
写真3
ブッター・タイクの作り方 写真4
写真4
ブッター・タイクの作り方 写真5
写真5
小麦粉をふるいます。プロの場合、3回程度ふるいます。ふるうという作業は、ゴミやダマをとるだけではありません。エアレーションといって、粉に空気を抱き込ませて、サクッと軽く仕上がるようにするための作業です。これはスポンジでは常識です。ただ、クッキーの場合、あまり神経質にならなくて結構です。ふるいは1回でもOKです。ボウルにふるっておきます。

別のボウルにバターと砂糖を入れて、よく練り合わせます。固いバターは手でぎゅうぎゅう練り込んでやわからくします。やわらかくなったら、ホイッパーでクリーム状になるまでかき混ぜます。あくまでもクリーム状です。溶かしてはいけません。(写真1)

これに全卵を加えます。ホイッパーでささっと簡単にかき混ぜます。だいたい混ざれば結構です。(写真2)

最後にふるった小麦粉を混ぜ合わせます。ボールに入った小麦粉の中央をくぼませて、この中にバターのクリームを落とします。これを少しずつ混ぜ合わせます。要領としては、くぼみの内側から少しずつ、粉を混ぜていき、ある程度混ざったら、粉全体と混ぜ合わせます。あとは手で生地を押しつけて、もむようにしながら、生地全体をひとつのかたまりにします。手で生地を押し付けて、ボールを作ると思ってください。練りすぎると、生地は固く、縮まることがありますから、注意して作ります。(写真3)

生地がまとまったら、ラップに包んで冷蔵庫で休ませます。この分量だと1時間程度です。生地が固くなるので、めん棒でのしやすくなります。また、休ませなくても、のすことができるので、ここではどちらでも結構です。なお、温かい部屋、あるいは夏場は、生地がべとつきます。その場合は冷蔵庫に入れてください。

生地をめん棒でのします。よく手粉を使いますが、好みで結構です。厚さは3mm程度にします。厚くのすと、焼き時間や焼きむらができて、めんどうです。さっと焼くには3mm程度が理想的です。

のしたら、型抜きします。型がなければ、コップやおちょこなどでOKです。もちろん、ナイフで切り分けてもOKです。(写真4)

あらかじめ熱したオーブン・180度で10分くらい焼きます。オーブンが冷めた状態で焼くと、クッキーらしく焼けないことがあります。温度がだんだん上がる段階で、生地がだれてくるからです。(写真5)

材料
できあがり数 カロリー/1人 調理時間
40個  8人分 120kcal 120分
● 材料
ブッター・タイクの材料
バター 50グラム 
砂糖 50グラム 
小麦粉 100グラム 
全卵 20グラム 
【下準備】
小麦粉を振るいます。(本文参照)

小麦粉・バター・卵・砂糖だけで作れる 他のレシピ

フール・ブラン  
フール・ブラン
ラビット
シュプリッツァー  
シュプリッツァー
白い絞りクッキー
ライト・スナップス  
ライト・スナップス
軽い絞りクッキー


広告バナー


ページのトップへ