このレシピの人気? >>   (^_^) 15票  (-_-) 2票  (>_<) 4票
ケーキ作りの注意事項 アイコン説明 ケーキ用語集 換算表 Q&A
CakePiaレシピ 友達にメールですすめる 携帯アドレスに材料を送る プリント用画面が開きます
SPINAT KASEKUCHEN
シュピナート・ケーゼクーヘン ほうれん草の料理タルト
World Traditional Recipe スイス
シュピナート・ケーゼクーヘン
使用器具    

公開日:2002-12-05
スイスのスタイルです。ほうれん草は、これからが時期です。なるべく日本のほうれん草を使うことをおすすめします。日本のものは背丈が短く、茎が太く、根のところが赤くなっています。栄養価も全く違いますので、あれば日本のほうれん草を選びます。また、チーズも硬質、軟質なんでも構いません。あるものを使ってください。
作ってみてどうでした?
おすすめ! (^_^) まぁまぁ (-_-) イマイチ! (>_<)
作り方
●調理コメント
●タルト生地
シュピナート・ケーゼクーヘンの作り方 写真1
写真1
シュピナート・ケーゼクーヘンの作り方 写真2
写真2
シュピナート・ケーゼクーヘンの作り方 写真3
写真3
小麦粉、塩をボールに振るいます。小麦粉の真ん中にくぼみを作っておきます。

この中にバターを入れて、小麦粉と混ぜ合わせていきます。バターが固い場合は、手でもんでやわらかくします。

生地がぽそぽそのそぼろ状になったら、水を半分加えます。練りながら、生地に水分を吸い込ませます。(写真1)

残りの水を加え、生地をまとめます。ここで水の加減が必要になることがあります。粉の乾燥度によって、水分の吸収度が違います。また、逆の場合もありますから、水を2回に分けて加えます。(写真2)

ビニールにくるんで、冷蔵庫でやすませます。1時間程度です。

めん棒で3mm厚にのします。

型に敷き込みます。型は耐熱用の器です。タルトの型に近いものか、グラタン皿に敷いてください。2cm程度の高さにします。あまり深いとなかなか焼けません。最後に串で底部を数カ所刺しておきます。(写真3)

●詰め物
シュピナート・ケーゼクーヘンの作り方 写真1
写真1
シュピナート・ケーゼクーヘンの作り方 写真2
写真2
ほうれん草を湯がきます。1分程度です。しんなりしたら、水に浸し、よく絞ります。

ほうれん草をバター炒めにします。よく絞ったほうれん草を、細かく刻み、バターをひとかけら落として熱したフライパンで炒めます。塩・こしょうで味を調えます。ほうれん草のソテーと同様に作ってください。(写真1)

ボールに全卵をほぐし、生クリーム、エメンタール、塩・こしょうをひとふりして、混ぜ合わせます。(写真2)

●仕上げ
シュピナート・ケーゼクーヘンの作り方 写真1
写真1
シュピナート・ケーゼクーヘンの作り方 写真2
写真2
型生地の底にほうれん草を詰め、卵ソースを型一杯まで流します。(写真1)

あらかじめ熱したオーブン・180度で40〜50分くらい焼きます。上面や型生地に充分焼き色がつけば、出来上がりです。中が焼けていない場合、アルミ箔をかぶせて焼きます。(写真2)

材料
できあがり数 カロリー/1人 調理時間
15cmタルト型1個  4人分 306kcal 180分
●タルト生地 材料
シュピナート・ケーゼクーヘンの材料
小麦粉 100グラム 
バター 40グラム 
35cc 
少々 
バターを室温にもどします。
●詰め物 材料
ほうれん草 350グラム 
全卵 50グラム 
生クリーム 70グラム 
エメンタールチーズ 20グラム 
こしょう 少々 
パン粉 5グラム 
●仕上げ 材料

ほうれん草が余ったら・・・(ほうれん草を使った他のケーキ&お菓子レシピ)

キッシュ・ロレーヌ  
キッシュ・ロレーヌ
タルト・レギューム・ヴェール  
タルト・レギューム・ヴェール
青野菜のタルト
リソル・オ・フロマージュ・エ・オ・ゼピナール  
リソル・オ・フロマージュ・エ・オ・ゼピナール
チーズとほうれん草の一口揚げ菓子


広告バナー


ページのトップへ