収穫の時期 

2010/08/27
ぷっくり
鳥の攻撃を受けながらも生き延びたグリーンピース
発芽時、鳥の被害にあい、半分は根こそぎ取られてしまったグリーンピースですが、
あわてて網を張り、その後の被害を防ぐ。
するとようやくこれだけ採れた。
畑を大きなほうに移動してから鳥だ、ナメクジだ、青虫だ、猫だ(!)と被害が絶えない。
化学肥料は一切撒いてないので、アイデアを絞っていちいち被害対策を立てます。
できた〜
せっかく日本から持ってきた大豆の種。
グリーンピースの鳥の被害に一瞬あわてたが、
鳥らはなぜか大豆と黒豆は狙わなかった、、、ふぅ。
無事育ち、すでに出来ていた実を最近発見!
豆類は何をするでもなく、どんな土であろーと勝手に育ってくれるので、
日本の大豆はちと半信半疑だったけど、とりあえず成功。
今夜あたりゆでて食べたりして。
と飛びつきたいところだけど、来年のために種を作らねば、、、
ようやく一個目
3年前に買った種らは今年はもうダメ。
一年目に一番勢いのよかったキュウリの種は今年弱々しく発芽したものの、まったく育たなかった。
でもキュウリに関してはあまり心配していなかった、というのも、
絶対にコンポストから何本か発芽するのがわかっていたから(←しかもこっちのほうが根が強い!)。
毎年出来すぎて消費に困るので今年は2苗のみキープ。
しかし今年は大変な水不足で今頃ようやく一つ目収穫なり〜。
見下してたらバカにされてしまったような気分・・・
しまった!
トマトの花が咲いてしまった!
、、、時期的にはだいぶ遅れているのですが、
この花が咲くちょっと前に一回だけ病気予防をしたかったんだよね。
花が咲いてしまえば後は実が生るのみ。そうしたらもう予防も出来なくなってしまうので、
さっさと手を施さねば・・・

なるべく月の運行にそって物事を進めていますが、
月の満ち欠けがやりたいことのその日でなかったり、
待たなきゃならなかったりで、結構時期を逃すこともあり。
このトマトがいい例。
さっさと一本立てにすりゃあいいのに、月を待っていたら育ちすぎてしまい、
植え替え時にかなり根を痛めてしまいました。
しかも(これは私のせいなんだけど)トマトの植え替えの日と思っていたらなんとその日は畑仕事禁止の日!
間違えちった、、、
そのせいでほとんど枯れたとは思わないけど(多少あるかも?)、
とにかく去年とは比較にならないほどよれよれ〜。
トマトはホントに難しい。
別名”ジャックと豆の木”
これもほぼ100パーセントの発芽率。まったく生命力の強いやつら。
でもせっかくたくさん発芽したのに同居人の変なアイデア
(竹があまりないので、いつものように縦に竹をたくさん立てるのではなく、
数本立てて、”横”に鉄線をたくさん張るという意見)
のせいで、ツルはもう収拾つかないくらいこんがらがってて、
こんがらがってるから十分に日が当たらない部分が多くなってしまい、
必死に伸びようとしても伸びられない、、、という始末。
このアイデア、別に”アイデア”ではなく、本に実際にそうやってる写真が載っていましたが、
私に言わせると上に向かって伸びていくものがどうやって横に張られた鉄線にからんでいけるのかが大疑問。
結局彼らはどうしていいのかわからず、
近くの大豆の首を絞めたり、かぼちゃに巻きついたりとやりたい放題。
一番ムカつくのは収穫の数が少なくなってしまうこと。
つるが延びきれない=葉も伸びられない=お互いに太陽光線をさえぎっている=小さいまま・・・
育たない材料が全部そろってるのさ。
おや?
ジャックと豆の木の後ろに積んであったコンポストからまたしても勝手に発芽したポチロンが!
ちょっと陰になっているので大きくはありませんが、こんなところに健気♡
がんばって育ってほしいっす。
by ゆっこちゃん | 未分類 

みんな仲良く 

2010/08/22
みんなでカリコリ
私まで食べたくなってきてしまうほどキャットフードを噛む”カリコリ”という美味しそうな音。
大抵は一人ずつドダダダと家に入ってきてこの場所に向かいますが、たまにみんなが一緒くたになるときがある。
平和な風景ですよね、ホントに。
今年のバジルは大成功
今年のバジルは100パーセント成功。これ以上の成功があるのか?!
というくらい蒔いた種は全部発芽、その後の植え付けにもみんな耐えてくれて、
すべて大きな鉢に移したところ、みんなぐんぐん大反乱中。
あ、ひとつだけチビ猫らに掘り返されてしまい、死んでしまったが、
とにかく今は消費が追いつかない状態。

バジルを使ってのレシピ、皆さん教えてください!
こちらはかなり絶望的
これは何でしょう、赤唐辛子です。
日本から海を越えてはるばるやってきました。日本で種を買ってこちらで蒔いたの。
いくつ蒔いたか覚えてないけど、現在生存中はたったの3つ。
しかもなかなか育ってくれなくて、この間鉢に一つ一つ植え替えたらようやくここまでになってくれた。
さっさと畑に移してしまいたいとこですが、一番花が咲くころまで待てとのこと。
こちらはかなり涼しく、すでに秋の気配。
これから畑に移動させたところで唐辛子が生るとはとても思えません。
小さなトウモロコシ畑
去年まで畑として使っていた、
家のすぐ前のバカみたいに小さなスペースにミニチュアトウモロコシ畑を設置。
トウモロコシはたくさんじゃないと(最低10本)育ちが悪いらしい。人間と同じで仲間が必要ならしい。
こちらは3分の2が日本の種、残りがこっちの種使用。
明らかに今年買った日本の種のほうが成長がよい。
それも当たり前。こっちの種は3年前に買ってかなり悪い保存状態で保存させといたやつ。
発芽したことがすでに快挙。
ひげ発見
去年まで畑として使っていた、家の前のこのミニミニスペース。
今年は使わないことにしていたのでコンポストも何も与えてないのでかなり貧相な土。
でもお隣のホントの畑のほうにトウモロコシを育てるスペースがなかったので、
冗談のつもりでここに種を蒔いたらちゃんと育ったーっ!
しかもトウモロコシが出来てます!

、、、しかし問題はここから。
実が生っても土がリッチでないために味がいまいちというのは今までに何度もあったことなので、
あまり期待せずに見守るとしよう。
でもがんばれ〜ぇ。
これをズッキーニと思う方
残念ながらハズレ。
これはカボチャです。
ズッキーニもカボチャの仲間ですが、これは正真正銘カボチャなのです!
しかし私はこの類のカボチャの種を使ったことは今までになし。
これったらコンポストから勝手に発芽したので、
つるの延び方から絶対に私が今まで蒔いたカボチャの種の一つと思っていたら、
出来た実はズッキーニそっくり!
なんだかわけがわからず見守っているととある記憶が私の中に蘇って。。。

実は去年、たくさん出来すぎてしまったこのズッキーニ型カボチャ(ヘチマと呼ぶ手もある)を
隣人のおっちゃんがくれまして、それが勝手に芽を吹いたのでした。
おじさんがくれたのは両手で持っても重たくてもてない超巨大なもの。
しかも水の塊のようで味もくそもあったもんじゃなかった。
私はそこまで育てずに味が凝縮されてる小さいうちにいただこう。
こちら、この様子だと順調のように見えますが
日本から持ってきて蒔いたごぼう。
実はこの隣で日本の白い大根を育てていましたが、
葉が大きくなるのはいいけど、なんと!すぐに花が咲いてしまい、種が出来始めてしまった!
種をそのまま作るか、実を食べるかの選択に迫られ、試しに一本だけ恐る恐る土から抜いてみると、
種のほうに栄養が行ってしまったのか、スポンジのように軽〜い大根の”ようなもの”が出てきた。
中まで虫に食われてしまい、とほほの世界。
大根に限ったことじゃないけど、土が土なのでまったく育たん。

さて、このごぼうはどうか。。。結果は数ヵ月後に。
これが私が去年育てたかぼちゃ
これまたコンポストから勝手に伸びてきました。
もうこういう事態は予想していたので、今年はかぼちゃは新たに種を蒔かず。
こっちにも
このかぼちゃが多分こっちのかぼちゃの中で一番日本のに近いような気がします。
去年はすっごく甘くできて感動的ですらありました。
しかしたくさん実を生らせたせいか、最後の方に出来てたのは味が薄くなってしまったので、
今年は4〜5個の実のみキープして脇から延びた蔓はどんどん切っていきました。
今年はこれが一番うれしいかも
これは当然皆さんご存知、日本のホクホク西洋かぼちゃ。
これがどうしてもほしかった!
日本で買ってきて、早速種まき。
出だしはちょっと不調だったけどさすがはかぼちゃ、畑に移したら機嫌よく育っていった。
これを蒔いたというのがフランスの水っぽいかぼちゃの種を蒔かなかった理由のひとつ。
順調に見えますが、やはりこれも食べるまでわからない、、、
とにかくがんばれ〜ぇ!
ちょっとキリがないので続きは次回。
by ゆっこちゃん | 未分類 
ページトップ ▲