超面倒なときの神頼み 

2011/02/25
それは。。。
ケバブだぁ!
うーん、なんということだ、なんとこの週から経営者が変わってしまっていたとは、、、

ウチから15キロほどの町に美味しいケバブ屋があるのをちょっと前に発見。
もうほんっとに何もしたくない時は利用していました。そしてこの日もそのノリで買いにいった。
するとなんと同じトルコ人ではあるけど、調理人兼経営者が変わっていて、
無愛想ながらも美味しいケバブを安く売っていた前人が好きであった私には大打撃。

でもここまできちゃったんだから買うしかない。試してみましょう。
こちらのほうが中に入っている野菜がよく見える
以前のトルコ人はグローブのようなパンに
七面鳥の肉と自分で調合した生野菜をわんさか入れてくれました。
今の人はパンはコッペパンのような長めのものに、肉は七面鳥+子牛。

野菜は前の人のほうが断然よかった!そしてもっとたくさん入れてくれた!!
パンもグローブ型のほうが中までいろいろたっぷり入れられて、しかもこぼれにくい。
肉はというと七面鳥だけってのは一番の安物。
したがって今回の子牛入りは2段ほどグレードアップされたといって差し支えない。

○☓方式ではいまんところ(食べる前)は以前のやつのほうに軍杯が上がります。


フリットなしのケバブなんて、、、
パリでケバブを食べてた時、私はフレンチフライを決して付けませんでした。
だってただでさえカロリーの高いこのサンドイッチにイモフライなんて付けたら、、、おとろしぃ。
でもそこで近くにいた誰かに”フリットなしのケバブなんて美味しいのか、、、?!”
と言われた。
同意しますよ。でもケバブは食べたい、でも健康にもちょっとは気を使いたいと考えた私は
こうするのが一番の対策だったのさっ。
でももうやめた。ケバブを食べるときはそういうことは考えない。

通常ケバブ+フリットの場合は
このサンドイッチの上(肉の上)にさらに大量のフリットを無理やり乗せますが、
今回はお持ち帰りっちゅーことでべっこに盛っていただきました。
野菜も入ってることは入ってるんですよ
前の調理人の野菜には赤キャベツの千切りが入っててとても美味しかった。
そして量も多かった。
これはなんだ!?はさんでるところを見ていたが、ちびちび・・・っとみみっちく入れてるだけ。
そして肉が多すぎです。
ま、この週は開店したばかりで客集めに必死なのだろう、これはサービスしてくれたのね。

それにしてもケバブって冷めると不味い!(それは肉の質が悪いからに決まっている)
ということで温かいうちにとがつがつ食べる。

それから中に入れるソースはいろいろある中から選べます。
私はアンダルシア(トマトソースが辛くなったようなもの)か、ホワイトソース。
ホワイトソースはケバブに一番典型的なソースでヨーグルト風味、さっぱり系です。
最後にみぃのおっきなお・め・め♡
うっ、ごめんね〜、君にはダイエットなんてさせておきながら、うちらの食生活はこの調子だもんね〜。
そんな目で見ないで、、、罪悪感、しっかり感じてるのよ、、、
by ゆっこちゃん | 未分類 
ページトップ ▲