せっかく作ったこしあんが 

2011/02/07
ここからは失敗作が続きます
こしあんを作った
粒餡の方を好む私は当然粒餡を作るつもりだった。
しかし豆を煮てる最中、ボコボコと煮てしまい、皮は破け、豆が砕け散り、
漉し餡にした方がいい様相になってしまい、やむなく漉す。
この時点で失敗といえば失敗。でも漉し餡の出来はいつもよりいいくらいでかなり満足。

さて!
この出来のいい餡子を何と食する?!
、、、
和菓子は難しい。

大福だけだと成功の確率がぐっと下がるので、大福よりは簡単なまんじゅうも一応作る。
が、捏ねてる最中いきなり、”耳たぶぐらいの柔らかさ???わからない!”とパニック。
必死に自分の耳たぶを触るんだけど、考えれば考えるほどわからない!
こんなことは考えることではなく、感覚の問題でしょうが、
生地の扱いも難しく、最初からあまりやる気がなかったこともあり(あんなに食べたかったのに!)、
結局散々な結果。
そういや”焦ってる時に出来ることは焦ることだけだ”という言葉を何かで読んだ、、、
一応利休まんじゅう
粉の入れすぎで皮がパサパサを通り越して固い!
それでも味はよいので救われた。
餡は、、、ちょっと甘さが足りなかったかも?
これが一番マシな出来の大福
これは人生最悪の出来。
米粉で作りました。
前回(3年前)の記録が残っていたので読んでみると・・・
なになに、”皮が柔らかすぎて伸ばすのに一苦労”、
”包むのが難しい”、”ムチムチ。。。”などと書いてある。
しかも前回はもち米粉を使っている。
今回も使いたかったんだけどねー、切らしてたわ。

とにかく耳たぶぐらいの固さがわからなく、焦って粉をどんどん足してしまい、
恐ろしいことになってしまった ↓
粉が粉のまま・・・
なんと説明するべきか。
パンを丸める要領で巻いてしまったんですね。
要するに底に皮を集め、ムニュムニュっとくっつけたような感じ。
まさかこういう出来になるとは、、、
餡子は丸く丸めて入れたんだけど、どこに消えてしまったのか?!(向こう側にありました)

うまく出来上がっていた漉し餡も、も一回蒸すとかなり水分が飛んでしまい、
パサパサに成り下がる。くくく〜っ。

このあとはヌテラのごとく、スプーンで餡子をぺろぺろ舐めてます。
これが一番美味しい食べ方かも(失敗もないし)。
そういや昔、8201さんが送ってくれた白玉粉があるから白玉作ろっかな、、、
#######################################


日がずいぶん長くなってきました
この日は暖かかった
ちょっと前までの一ケタの寒さとはうって変わって、日中いきなり10度以上まであがる今日この頃。
この日は前日の寒さからいきなり暖かくなり、湿気がみるみる蒸気となってゆく。
手前の木の向こう側はまっちろで、なんともいえない光景だったのですが、
カメラカメラとモタモタしとったら、どんどん薄れていってしまったわ、、、
by ゆっこちゃん | 未分類 
ページトップ ▲