誕生日 

2011/01/21
先日は同居人の誕生日だった。
注文の品
こういう機会がないとあのシンプルなデコレーションケーキなぞ作る機会はない。
これを頭に、ケーキは何がいいかを聞いたら、特に注文はなし。
すでにやる気うせる。

気を取り直して、じゃあ何が食べたいかを”一応”聞きいたが、、
複雑なものを言われても料理はする気がしないので、注文される前にこっちから”ハンバーガーは?”。
ノッてきてくれたので、それじゃハンバーガー。

↑のは私用。相変わらず野菜は抜きのもっともシンプルなチーズバーガー。
もちろんサラダはサラダで食べました。この方がどちらも食べやすい。
ハッピーバースデーご当人用
む、、、やはり写真写りはこちらのほうがよろし。

バカみたいな感想だけど、ハンバーガーみたいで美味しいっ!
マクドナルドにいるような気がしてきて、不味くてもウキウキ気分を演出してくれる。
(美味しかったけど)

パンを6個焼いたので、次の日もいただきましたが、
これは酵母、又は保存料が入ってないせいか、やっぱり日持ちしない。
2日目にしてもうパサパサ、味もかなり落ちていた。
付け合せはもうこれしか思いつかない
というか、これじゃないとダメ!

なんか不味そうな写りだなぁ。でも実際いつものようによく出来てない。
これはフライドポテトではなく、鴨のコンフィの缶に残っていた、鴨・豚の脂で焼いたジャガイモ。
南西フランスでよく見かけますが、レシピもそちらのをつかってかなり本格的に。
これだけは同居人のお得意料理なので、いつも勝手にやらせます。
しかしこの皿のポイントはジャガイモを均一の大きさに切るところと私は見ている。
一つ一つの大きさが↑のようにばらばらだと火と入りもばらばらになるので、ホラ、こういう結果になる。
脂を入れてジャガイモをしばらく蒸し焼き状態にしたあと、
最後にさらに脂を入れて強火でカリッカリに仕上げます。
ここで大きなものはふにゃふにゃに、小さいのだけカリカリに出来上がるという結末になるワケ。
カリカリの小さいやつはそのままカリコリと食が進みますが、
大きくふにゃふにゃなのは、最初は進むが脂をかなり吸っているので、たくさんは食べられない。
最近凝っている
この日、イモにぶっかける塩がない!ことに気付き、一瞬あわてたが、
この間日本での温泉旅行で買った、取って置きの塩があるもんね。
今いろいろお試し最中。右の大きな焼き魚塩は言わずもがな、アンデスの紅塩がなかなか美味。
しかしハズレもあるもので、左から2番目・下のヒマラヤ黒岩塩は硫黄の匂いがすごく、
匂いをかいで”ん?”と思ったものの、ちょっと舐めてみて、すぐに吐き出してしまった!
これだけあれば好き嫌いもありますが、何に使ったいいのかがわからないものもある。
例えば”抹茶塩”っていったい何用かね???
盛り上がらないお菓子の瞬間
ハンバーガーはともかく(かなり小さめでした)、あの大量のイモ消費のあと、いったい何を食べることが出来るのか?!
同居人はアーモンド関係のお菓子が好きらしく(これもかなり無理して言っていた)、
フランジパンがお好みならしいので、ハンバーグにそれ用のパンにとめんどーくさかったけど、
さらにパイ生地を作って一人分用のガレットを二つだけ作ったよ〜。もう意地。
でもまたカスタードを作るのは真っ平だったので(絶対あまるし、消費用卵白がまた増える!)、
今回は思いっきり手を抜いて、アーモンドクリームのみ。勘弁せぇ。
アマンディーヌであまったタルト生地で肉球遊び(見えない?!)
しかしわれらの胃はもう何も受け付けない。
あんなに時間をかけて作ったパイ生地はいったい何のためだった?!

大体誕生日パーティーってこういうオチなのよね。食事がわんさと出て、もうダメ〜って時にバースデーケーキが出て来れど、誰も食べることが出来ないぃぃ、みたいなさっ。

この瞬間に全てをかけている私にとっては(招待してもされても)なんとつまらないオチであろうか。観賞用に作ったわけではないのに!
しかも焼いたパイ生地は今日をもってどんどん湿気ていくだろうし、、、およよ〜。
たくましき花子サンの肉球。勉強不足?
同居人はしばらく胃を落ち着けて、半分だけ胃の中へ。

私はもうどうでもよくなっていたので、後日に回す。

アーモンドクリームだけだとやはり物足らない。ヴァニラとアーモンドの香りはいいんだけど、十分に甘くない。

こうなってくるとまた作らなければ!という何かが私の中でムラムラと沸き起こる。これが作る前に出てくればいいんだけどねっ。

by ゆっこちゃん | 未分類 
ページトップ ▲