栗の味がするカトルカールが食べたい! 

2010/12/02
(栗の話題に戻ります)

カトルカール自体、大好きな私。
そしてカトルカールの生地自体に味がついててさらに美味しい!というのも利点。
カカオ味やキャラメル味、バナナなど、スタンダードなものはいろいろやったけど、
”栗味”ってのを作りたい、いや、食べたい。

以前、パリの食の展示会で、栗に関するものを片っ端から作って売っている店と出会い、
そこの栗クリームは言わずもがな、
さらには奥方の作った栗のプチ・ケーキのようなものがとっても美味しかった。
その店で栗粉を買って家でトライしたものの、栗粉って結構ぱさぱさに出来ちゃうのよね。
どうやってあの美味しいケーキを作ったのかわからないけど、
栗粉はパンのほうが使いやすい(特にライ麦と合わせるとサイコーにいける)。
作ってみました
自家製マロンクリームがたっぷり。
クリームが入るので、厳密にはカトルカールではなく、
バナナパウンドのレシピを下に、粉類がやや多目。
もとのレシピにはBPが入って、しっとりふっくら出来上がりますが、
みんなで食べられるように(もちろん猫らのことです。BPが入ると食べられないからね)、BP抜きで作成。
でもBPを入れなかったらこう出来上がるであろうというイメージそっくりに出来上がりました!
曰く、やっぱりね〜と言いたくなる失敗作。

見た目が硬そ。こちらで言うパン・イタリアンみたいになってしまった。
かたそ〜かたそ〜食べる前から歯が折れそ〜
ラム酒を焼き立てにひと塗り。
硬い表面にじゅっ!と染み込んでくれましたが、ほとんど効果はなかった、、、
ぼこっ♪が出来てくれただけでうれしい。
不味そうだけど、実は美味しかった
あやや、生地が目一杯締まってる。
食べられない代物ではないけれど、
日にちが経つにつれ、美味しくなるどころかどんどん締まっていき、
それでも食べられない代物ではないけれど、
真ん中あたりは十分焼け切れてない様子まで伺える。
十分焼けてはいるのですが、時間が経って生地がつぶれていった感じ。

もちろん栗の匂いを満喫するに至らず、
固いパウンドを、次回の勝利を誓うべくむさぼるのでした、、、

BP入れてれば絶対にいいものが出来上がったであろうに。
次は人間のために作ろう。
by ゆっこちゃん | 未分類 
ページトップ ▲