(パス○ルの)とろけるプリン 

2010/11/08
栗の話題があるのですが、写真の整理がおっつかないのでこっちの話題から先に。

今年もマロングラッセを大量に作ったものの、問題は後に残ったシロップ。
去年のが瓶詰めですでに5〜6個あるのに、時が経つのは早く、
カレンダーを一周してシロップがさらに増えてしまった!
捨てればいいんだけど、この量だとさすがに捨てるより何かに使いたい欲求のほうが強く、
Chicoさんのグラノーラを作ってはちびちび使っていますが、
その量は微々たるモノ。

サイトでいろいろ調べてみると。。。プリンのカラメル!
これはいいアイデア、と早速トライ。
とろけるプリンに再挑戦
再挑戦というわけは。。。

かつて何度も作っていたこのプリン、
これの面倒なところは熱湯の中に直接プリン型を入れ、焼くというより”蒸す”。
鍋の底に型がカタカタぶつかってうるさいことと、
型にはお湯が入らないように当然アルミをかぶせるわけなんですが、
出来上がりを見る時にそのアルミをちょっとめくってみるという技がなかなか出来ない!
熱湯は熱いし、アルミは隣の型とに挟まれているし、ヘンにめくればお湯が型に入っちまう・・・

でも今は昔より大きな鍋も持ってるし、鍋の底に布を敷けばカタカタならないことも発見したし、
多少やりやすくなると思ったので腰を上げて作ってみました。
んで出来上がりがこれ。
見かけはなかなかですが?
”とろける〜”にしてはちょっと固いかも
プリンの出来上がりの見極めが下手な私。
もしかしてと思っていつも余計に3〜5分伸ばしてしまうけど、
いつもその必要はなかったと食べる時にわかる。

今回も同じだ〜。

ところでところでこのマロングラッセシロップのカラメルの美味しいことったら!!!
カンドウしたのでまた作りました。
まったく同じですが、微妙〜に違う
今回は勇気を出して早めに切り上げる。
中心がやや弾力のあるぶよぶよなので、これでいい?!
むっ。またしても私の足元にまとわりつく黒い物体
おまけにプリンが大好きときたからには早く隠さねば。

ところでところでやはりこちらで正解。
今回はとろんとろんに出来ました♪
でもここんとこ、相当注意しないととろとろの液体のまま〜という風になってしまう場合もあり、
プリンはやっぱり見極めが難しい。
やはり慣れの問題かしらん。

やっぱりこのシロップのカラメル、最高ぉっ!
いつも量を入れすぎてしまうのだが、このくらいあったほうがプリンの量といい勝負だわ。
by ゆっこちゃん | 未分類 
ページトップ ▲