あぶらぎっとり 

2010/10/17
話が前後しますが、、、
この夏、南仏へ出稼ぎに行った話はすでにしました。
しかしそこで買いだめした鴨のコンフィの話はまだでした。

そう!買いだめたのだ!!
左の上段はモモ肉ふた〜つ、下段はよ〜っつ、
右の缶はてっきり手羽の部分だと思ってたら(売ってくれた人もそういった、、、)、
実はモモの下の部分だった。

前回は鴨の半身
(文字通り、縦に真っ二つ!曰く、胸肉、モモ、手羽、すべて食べられる!!)
という缶が手に入りましたが、
今回はすでに売り切れてたので、とにかくその場にあったものを漁りまくり。
ここの職人さんのは美味しく、かつ安い!
現地の市場の醍醐味とはこのこと♪
ワンパターンだけどいつもの食べ方
やはりモモの部分はぱさつきが少ない。
とろけるようなモモ肉を頬張り、
カリコリ(になるはずだった、しかし多少失敗した)のイモのソテーを喉に流し込むのは
、、、一年に一回でいいや。
胃に重く、食べ慣れてないとかえって調子が悪くなるわ。
でも同居人にとってそんなことはどこ吹く風〜。
ぺろりんと平らげ、もう一皿ほしいと言い放った!
こちら、パテだかテリーヌだか忘れてしまったけど、何にしてもその家族。
以前買ったこの鴨のテリーヌ(だかパテ)アルマニャック風味ってのが大変美味しく、それを売ってくださった奥様に話したら、なんとオマケにくれた!
そういうつもりはまったくなかったんだけど、大変うれしいお土産となりました。
これってアルマニャックの味がするわけじゃなく、あくまで風味。それがよーく探さないとわからないくらい微妙なもので、すんごくオイシイッ。
最後にしつこく猫



ぐぇ。苦しそう、、、

スケバン・みぃがトロリン葉月に重なるように寝ている。

こういう様で寝ることはままありますが、筋肉痛とかにはなんないのかしら、、、
by ゆっこちゃん | 未分類 
ページトップ ▲