誰もが批判したレストラン 

2010/09/12
昨日は仕事だった。

仕事の後は軽い立食パーティー。
ここで出た塩系・甘系プチ・フールは大変出来がよく、
塩系は全体的にいまいち平たすぎるような気がしたけど
(超うっすーいパンにうすーくいろんなものが塗られている。でもそれがプチ・フール、、、)、
甘系はシューとタルトがたっくさん!
その後夕食が控えているにもかかわらず、そこですでにかなり食べる。
レストランにはアタリハズレがあるからね、、、
テーブルの中央にいくつか置かれた、明らかに冷凍(か冷蔵)食品の不味そうなパン
仕事仲間で総勢約25人。
市の主催だったので市の招待ですが、そこはレンヌ近郊の小さな町。
こういうところって小さい町の割には驚くほど美味しいか、
はたまた小さい町なだけに超不味いかのどちらかであ〜る。
(中間は存在しない!)

そこに入ったとたん、フランスでは珍しいその部屋の暗ったい蛍光灯で
もうその店の正体見たり!ってな気分、、、と同時にいやな予感。
長〜いテーブルに置かれるはこの不味そうなパン。
これはよく小さな町の安ホテルの朝食なんかで出てくるスーパー上がりの”焼くだけ”パン。
焼きたては表面が信じられないほど薄いパリッパリ生地で、中は信じられないほどしっとり。。。
こういっちゃなんだが私は意外と好き、、、でもそれは科学のなせる業なのであーる。
その証拠に中のしっとり生地は言い換えればネチャネチャにも近いほど。
(出来の悪い、焼きの十分でないバゲット・パンを知るには
中の生地を指でコネコネッてしてみろとフランス人から教わったことがある)
前菜は取り放題だった
そこはホテル兼レストラン。
このての場所はたいていバイキング形式が多い。
(しかし取り放題をなぜ”バイキング”と呼ぶか昔からの疑問だったが、これは完全な和製英語ならしい)
前菜は横のほうにずらりと並べられた野菜を勝手にとって食べる。
今朝作ったんだか昨日作ったんだかよくわからない野菜らを食べさせられる私ら。

ここまではまぁ受け入れられる範囲内。
出ましたメイン
魚か肉か、、、
肉なら鴨、魚なら”オキ。
大抵フランス人は魚の名前に疎いが(私もそれほど詳しくはないけど)、
”オキ”ってのはその場にいた人々誰一人として知らず、当然私も知らんわ、んなの。
今朝ウィキペディアで見てみると。。。ホキ。なんじゃそりゃ?

これが不味いったら、、、
感触は、そうですねぇ、なんか洋服の生地を食べているような感じ。
舌に繊維のようなものが感じられますが、この味のなさといったら記録モノ。
味に関してはは調理法も関係してくると思うけど、、、
上にかかったソースは何の味もせず、塩・胡椒もこの魚には効き目なし。

何でもマクドナルドのフィレオフィッシュはこれが使われているとか、、、(他2種類の魚も)
なーる。確かにあれを思わせる感触ではあった。
ということは揚げると美味しいかな?

とにかくこの魚は誰も口にせず、みんな残していた。同居人だた一人を除いては!
不味い不味いといいつつもいつものごとくパンできれいにお皿をなめなめして、、、

そしてご飯。
パエリヤ風に作ってあるが、昨日作ったものをチンッ!したか???
ベタベタしてて胃にもたれそ。
待望のデザート!のはずだった、、、
トイレから戻ると前菜の取り放題があったところにチーズがひっそりと、
その存在を誰にも知らしめることなく(フランス人らはおしゃべりに盛大に花を咲かせてる)
はっきり言って忘れ去られている。
カマンベールのスライスが汚く並べてあり、デザートを待ちがてらなんとなくつまむ私&同居人。
当然チーズにうるさい同居人はぶつぶつ言いつつもね。

そしてその横にいきなり登場したのがピンク色の大きな四角の台!
よーく見てみるとそれはイチゴのムースだった。
これがバーン!と大きく、切り込みだけ入れられて置かれている姿は壮観であった。
こそ写真に収めるべきだったかも(その大きさ50センチX80センチほど?!)。
はっきりいってその色からかわいいともいえるし、ブキミともいえた物体だったけど。

その横にはひっそりとたたずむカフェムース(だと思いましたよ!食べるまでは!!)。
切込みがしっかり入ってないのでよく切ってみると、
手からこれはバタークリームかと思うくらいのネチョネチョさが伝わって、、、ぞーっ!
↑はイチゴの色がよく見える。その上の写真はカフェムース(と思っていた!)の色がよく見える、ので両方載せることにする
なんとなんとなんとこのカフェムースだと思っていたものは実はチョコだった!
なぜこんな薄い色になるかは神のみぞ知る、、、?
でも作り慣れてる人にはきっとわかるでしょーね。
私はといえばムース系のお菓子はあまり好きでないので、
当然作る頻度はぐっと低く、もっと当然この色の源がわからない。
たぶんチョコの選択だと思うけど、私の推理は当たっているかしら?

イチゴのほう、普通のイチゴの味がした(←なんつー感想)。
それにしてもこの口当たりの不自然さ。
ムースってシュワッとするもんだと思ってたけど、これはモコッ(?)ってな感じ。
ゼラチンの量の関係と私は推理するのですが、いかが?
しかしこの色。ドギツイ。どのくらいの量の着色料が入っているのかと思うとちょっとばかしぼへっ。

個人的にはチョコムースに軍杯。
と感じつつ食べ進んでいくと、、、はて?銀紙の味が、、、
これは私が子供の頃よく感じた味なのですが、
日本の街角のお菓子屋のケーキって銀紙が敷いてあるでしょ。
あの味(実際はその紙の味でないのでしょうが、子供心にその味と信じ込んでいる。当然今も)じゃんっ!
一体全体この味はどこから来るのでしょうか。。。???
私の推理はしつこい脂肪分と思いますが、いかが?
(この推理はあながち間違ってはないと思うのだけれど、、、)
とにかくしつっこく、とてもムースとは思いたくないモノ。
一番下のスポンジ生地がもちっと厚かったら許せたかも。

それにしてもこういうやる気のないレストラン、多い。
by ゆっこちゃん | 未分類 
ページトップ ▲