戦利品のショコラTシャツとネックレス 

2011/07/04
 このTシャツも昔行ったパリsalon du chocolatの戦利品。

 パリで人気のデザイナー Caroline Lisfrancによる ビター、ミルク、ホワイトと3種のショコラのグラデーションと「chocolat」フォントの違いが楽しい、食べてしまいたい☆デザイン。

 同ブランドの齧りかけたタブレットショコラのネックレスはすぐに使い始めたけれど、Tシャツは半袖なのでショコラシーズンに着れずタンスの肥し状態だった。

 ようやく出番・・・でも体型がギリギリになってきた(苦笑)。

 これを着て週末出かけたのはさわやか信州・乗鞍高原。

 さて、何をしに行ったかは次回のお楽しみに!
by fruitsnoirs | チョコレートのあれこれ 

チョコレートでスキンケア♪ 

2011/06/29
 ええ、チョコレートソースとかじゃありません。

 以前フランスのサロン・デュ・ショコラ会場で買ってきたカカオ成分配合のスキン&ボディケアアイテムです。あの時体験したカカオエステは気持ち良かったっけ〜。洗面棚を整理していたら、はっ、使うの忘れていた〜!!

 ってことで、やっと使いはじめました。(たぶん大丈夫かと・・)

 タブレットの形をしたソープもとろけるショコラの香り。

 香りだけでなく、カカオバターには皮膚をやわらかくしたり、身体に良い成分が含まれているからスキンケア商品にもなるわけですね。

 こういうの、日本でも売っているのかな!?

 今でも南米では、カカオバターにアナトーという赤い実の色素を混ぜて口紅にしているというし。

 久しぶりにショコラの話題でした。




by fruitsnoirs | チョコレートのあれこれ 

ボナの産地別チョコレートをのっけてトースト 

2011/03/29
野菜は火を通すと思いのほかたくさん食べられますが、
チョコレートも同じかも!

ボナ(Bonnat)の産地別グラン・クリュ75%のドミノシリーズ(四角いひと口サイズ)を
フランスパン(リュスティック)を横半分にスライスしてのっけてオーブンへ。

種類はマダガスカル、セイロン、コートジヴォアール、トリニテ・・・
実はこれ以前にバゲットで一列に並べてやったら
味のグラデーションが楽しかったのでもう一度、今度は写真撮影も忘れずに。

すっぱい部分はマダガスカルかな?
ナッティなのは・・?

なんて考える間もなく、挟んで食べると溶けたチョコがパンの気泡に浸入していき、
どんどん食べ進んでしまいます。
気泡の大きいフランスパンならではかな。

4粒をそのまま食べるには、結構時間をかけてになりますが、
あたたかく溶けたチョコはすんなり完食。

やはりチョコも火を通すとたくさん食べられますね。でもちょっと危険!?
by fruitsnoirs | チョコレートのあれこれ 

チョコレートと非常食 

2011/03/19
 小さなお菓子屋さんのチャリティー、都内でも、みな今できることをはじめているようで励みになる。

 そういえば、チョコレートは登山に必携の非常食だ。非常に栄養価が高く、テオブロミンという成分には精神安定作用もある。支援物資としてチョコレートは運ばれているのだろうか・・・。先日列車移動の中、バッグに忍ばせておいたチョコレートを食べながら考えていた。

 それで大手菓子メーカーのサイトを検索したら色々あるんだなぁ〜。

 こういうとき、大手の総力はすごいと思う。どこも支援に関するファイルがupされている。

 中でもロッテのコアラのマーチに5年間賞味期限の保存缶があることに驚き。当然支援アイテムになっていた。コアラのマーチが子供たちに届いたら、その場の空気がちょっとでも明るくなりそう。
 単純にチョコレートで探したら、過去記事でメリーチョコレートの非常食がヒットしたけれど、残念ながら今は製造されていないようだ。
 他にメーカーはわからないけれどチューブ入りチョコなんていうのもあった。これなら暑くて溶け出しても食べられる。
by fruitsnoirs | チョコレートのあれこれ 

ショコラという名のチェリートマト 

2011/03/10
大井町の成城石井で発見!


うたい文句通り、この手の色物にしては味もしっかりトマト。

名前負けしていないよ〜。

by fruitsnoirs | チョコレートのあれこれ 

チョコレートビールとオランジェット 

2011/03/09
白雪ビールが作る「ショコラ・プレミアム」

説明書きには・・・
ベルギーチョコレートを加えベルギー酵母で仕込んだ最高級チョコレートビール(発泡酒)。
醸造設備もベルギーから直輸入の設備仕込み。

原材料は・・・
麦芽、カカオ、ベルギーチョコレート、ホップ、香料、カラメル色素


チョコレート入りのビールは香料が鼻について苦手なものが多いのだけど、
これは甘ったるさもなく、苦味もほどほど、控えめな中にもコクあり、後味よしで気に入った。

ふと、ショコラクラブから届いたばかりの「レミ・アンリ」@パリの絶品オランジェットを取り出し

ひと口、ビールでころがし・・・
これがまた悪くない!

オレンジコンフィの程よいビター感がつながるのかな。

ビール&ショコラの愉しみ
また発見☆☆☆

by fruitsnoirs | チョコレートのあれこれ 

コロンビア式チョコラーテ(飲むチョコレート) 

2011/02/19
コロンビア料理のクラスにて〜☆

飲むチョコラテ(スペイン語でチョコレート)を作りました。

その道具一式が写真右。

作り方はこう。
アルミニウム製のジャーに固形チョコレートを入れ、牛乳とお水を入れて直接火にかけます。
ジャーの中で先が星状になった木製のモリニーヨの柄を両手のひらで挟んでこすり合わせます。
すると星状の先が回転して泡立つようにチョコレートを溶かし混ぜることができるという仕組み☆

右写真手前、チョコラテの赤いパッケージの写真も泡だっているでしょう!?
同じモリニーヨ(Molinillo)という道具でも、ところ変われば形が違う!
写真左、左に突き出ている輪投げっぽい棒がメキシコ製、
真ん中の*形のがコロンビア製だそう。
私はメキシコ製のを持っていますが、やはり輪投げ系です。

おいしくな〜れと呪文を唱えるように、
手をこすり合わせながらモリニーヨを回転させる作業は、すごく楽しく、そして神秘的♪
道具が便利で合理的に発展した先進国では、鍋&ホイッパーにとってかわってしまったこの作業、
カカオ原産地である中南米の国では、いまだに愛用されているのを聞いてなごんでしまいました。

そういえば、似たような光景を思い出しました!
ベトナムコーヒーのフィルター〜
ドリップ式へ進化していった原型は、今でもハノイの町で大活躍していったっけ。


見た目は素朴でも、チョコラテラ(またはオジェタOyeta=チョコドリンクのジャー)&モニリニーヨは
チョコラテだけのための特別な道具。
道具好きの虫がむずむず〜
あぁ、アルミのチョコラテラ、どこかで買えないかな〜。
by fruitsnoirs | チョコレートのあれこれ 

生☆チョコレートのスムージー 

2010/08/23
最近耳にするローフード。

加熱で失われる食材の酵素をすべて体に取り込むために、
生のまま、または40数度以上の加熱調理をしない食をいうのだとか。

これで痩せたとか、体質改善したとか、
美容と健康に敏感な女性を中心に注目を集めているらしい。
(before&afterの写真が出てくるサイトもあってびっくり〜!)

特にチョコレートはおいしくて、とっつきやすい食材。
生食?はちょっとややこしそうだけれど、チョコレートのパワーは世界共通でしょ。

ということで、ローチョコレートのセミナーに参加しました。

写真はデモンストレーションの生チョコレートスムージー。

レシピも素材も一般的なショコラティエやパティシエの発想とはかなり違っていて面白い。
ローココア、ローカカオ豆の他、果物数種、アガペシロップ、きのこ、スパイス、水など
魔女の薬調合のような・・・神秘的なムード。
さまざまなチレやナッツ、スパイス、野菜をすり潰して作るメキシコのモレを思い出しました。

しかし飲んでにっこり☆
材料の怪しさとは裏腹にカカオの香り高くするする体に入っていきます!

うむ、カカオのパワーは不思議。
by fruitsnoirs | チョコレートのあれこれ 

チョコレート‘冷え’てます。 

2010/08/20
JRのKIOSKに貼ってあったポスターです。


冷やして食べてもおいしいチョコレート菓子なんでしょうね☆

ガーナ以外はザクザクガリガリ系ですから。

夏はガリガリ音が涼を呼ぶ!

・・・と、確信。

だって
by fruitsnoirs | チョコレートのあれこれ 

チョコレートトリップとチョコレートバイブル 

2010/08/05
それは・・・
この本を読んで自分でもチョコレートの冒険がしたくてたまらなくなったと
チョコレートバイブルの翻訳者で
エミリーズチョコレートさんを紹介してくださった方から聞きました。


実は私も。
以前にも増してチョコレート等のイベントを企画したり、旅に出たり。
クロエさんのパッションに触発されたからかも
マイペースな私が。

本の力ってすごいな。
こうして、接点を設けてくれて!

さて、次回は10月か11月。
また素敵な出会いが起きますように☆
by fruitsnoirs | チョコレートのあれこれ 
ページトップ ▲