諏訪のカフェ・タックでそば粉のガレット 

2011/09/25
 ワイン会の翌日は、八ヶ岳周辺でリラックス&探検するのが楽しみ。そこで教えてもらった信州そば粉のガレットをいただきに下諏訪のカフェ・タックへ。

 日曜でひょっとして...混んでいるかもと電話して席を予約しておいたら、テーブルのカードにいきなり心熱くなってしまった♪ 到着前にちょっとイライラできごとがあったからなおさら。

 それは・・・

 諏訪ICで、ETC出口に無理やり横はいりしてきた三河の赤い車が、実のところETC搭載車ではなく立ち止まったと思ったらバックしてくるわで恐怖体験。係員対応終わるまで10分以上その車の後ろで待たされた挙句、ゲートが開いたら謝るでもなくさっさと発進していった。私としてはもう珍しく腹の底から怒・怒・怒り! イライラしたまま遅れての到着だったのに、このテーブルでいやなことは全て忘れた!! 

 オーナーの‘好き’や‘手作り’が詰った小さなお店にキョロキョロ、注文する前から興奮ぎみ。

 そば粉の塩味ガレット2種のうち、今回はスタンダードなコンプレを注文。ラッキーなことに、ランチタイムはアルコール以外の飲み物とセットで1200円。えっ、東京じゃ考えられない心の広さだ! 卑しい私はどうせなら値段の高い500円のドリンクにしなきゃと(笑)、運転でシードルが飲めない悔しさもあり、オリジナリティのある冷たいオレンジハニーティーを選んだ。

 数分後、運ばれてきたガレットのなんて大きいこと! お野菜のリースがのっかった繊細かつ大胆なガレットは、カリッと力強いそば粉とバター香ばしく、ハム、チーズと絡んで旨い☆☆☆

 そうそう、ブルターニュやフランスの田舎で食べた光景ってこんな感じだったっけ。この町の雰囲気とか、田舎の感性が通じているのか、それもあるけれど、実はそば粉にも店主・立石巧さんのセンスと努力が隠されていた。地元八ヶ岳のそば農家さんに、挽き方を蕎麦用より粗くして欲しいと頼んでいるそうだ。何でいつもの挽き方じゃ駄目なのか、最初はガレットなんて食べ物、知らないおじいちゃん農家には理解できなかったそうだけど、対話していくうちにいい関係を築いていった。
 
 ブルターニュは貧しい土地だったから、そばも白い部分だけじゃなくて、全て無駄なく使おうとしたのだろうな〜。そんなスピリットがこのガレットから感じられた。

 カフェ・タックのある御田町(みたまち)商店街には、御湖鶴で知られる日本酒の老舗蔵があったり、昭和の風情ある通りに若い感性のクラフト作家アトリエ&ショップがぽつぽつあったりでお散歩も面白かった。

 今度は甘いガレットをいただきたいな。
by fruitsnoirs | 八ヶ岳であれこれ 

プルーンいろいろ 

2011/09/15
旬のプルーンを求めて、またもや塩尻の塩原農園さんへ。

 オ・プティ・マタンで使ったローブ・ド・サージェンはもう終わりの時期で、酸っぱくなったからどうかな・・とスタッフの声に試食すると・・・ほんとだ、濃厚な甘さより酸味が目立つ。同じ品種(樹?)でも収穫時期によって味の状態が違ってくるそう。確かにうちのブラックベリーも初もぎの方が香りも甘さも優れていた。だから値段も安くなっているのか〜。果物の実態ってまだまだ知らないことばかり。

 だから今回は食べごろの品種を味を見て3種買ってきた。写真左から「くらしま」「ビッグフレンチ」「サンタス」。形、大きさ、色も違ってかわいい。

「くらしま」は「くらしま早生」とまた違う品種で、甘さより酸味が目立つ。糖度約15度。

「ビッグフレンチ」って名前はどうよ!?(笑)でも値段は一番高くて甘くジューシーで糖度約19度。

「サンタス」は酸味が際立つので、園主によれば火を入れるお菓子に向く品種なのだとか。しかし配送には向かない完熟のやわらかいものは驚くほど甘い! 私のBrix計で糖度20度超えていた(ワイン用ぶどうと同じ位甘い)。 つまり酸味もあるけれど糖度も十分のポテンシャル大な品種ってことかな〜。

 よし、サンタスで焼きこんでみるかな。その前にそのままパクパク食べちゃいそうだな(笑)。