オ・プティ・マタン 特別デザートの会2011 レポート 

2011/09/01
ごぶさたしておりました。
8月は、東京にいるのがいやでちょっと出かけていたのと、イベントなどで充実しておりました。
実はfacebookなど始めたので、そちらではつぶやいているのですが、ある程度のボリュームでまとめるblogまでパワー出ず・・・ほったらかししてすみません。
また、ぼちぼち更新していくつもりです。

それで、夏の終わりに行った感動のデザート会、ほぼ写真のみのレポートとなってしまいますがupします!

オ・プティ・マタン 武井シェフによる「大人のハッピー泡〜デザート」
特別オーダースイーツ☆2011
ちょっとしたアペリティフ〜生ハムグリッシーニ、プチシュー・クリームチーズ、 プチシュー・赤ピーマンムース
温かいアペリティフ〜マッシュルームと玉ねぎのキッシュ。フィユタージュも中身も両方楽しめました
 本日のメイン〜スープ・ド・ペッシュ・オ・シャンパーニュ〜

 ドイツのリースリングゼクトだけど、アロマティックで白桃、メロン、デラウエアのデザートにぴったり☆ みなさん別世界に行ってしまったようで無言・・・かに食べ状態。

 泡が吹かないように慎重に組み立てたシェフの緊張感がピシピシ伝わってきたのかな、食べ手もひと口ひと口を大切にいただきました。そしてひと口ごとに変わる味わいにピチピチ感動していた。

 普通は手に入らないような特別な材料とか、プロ専用の特殊な道具を使っているわけでもないのに、仕上がりの美しさにため息、そしてひとつずつ果物の味を感じる。温度差やテクスチャーが口の中で複雑に語りかける。まるで物語の展開に興奮するかのように、ひと口ずつがどきどきだった。この夏物語の余韻は今でも続く。

 構成は下からシャンパーニュ(本当はリースリング・辛口ゼクト)、桃、そのピュレとクレーム・ド・ペッシュ、デラウエア、アンデスメロン、コニャック、ミルク、レモン皮。
塩尻産ローブ・ド・サージェン(プルーン)のタルト〜ほとんど甘くないタルト生地に砂糖をまぶしたプルーンを盛り込んで焼いただけなのに、なんでこんなに美味しいお菓子になっちゃうの!? 火を通したプルーンは甘酸っぱさが際立ってたまらない☆☆☆
こちらは同じ塩尻産プルーンの品種違い‘くらしま早生’を使ったタルト。ローブ・・・より、やさしく甘い味わい
 今年で3回目となったオ・プティ・マタンでのデザート会。

 会を重ねるごとに、ますます武井シェフのパッションに魅了されていくのでした。いつも無理をお願いして、感謝してもしきれないほどです。

 こうなったら可能な限り深いところに行きたい!
by fruitsnoirs | お菓子のイベント 

夏のChocolate Trip(チョコレートトリップ)へようこそ ☆ 南国フルーツ&カカオのカクテル 

2010/07/22
こんにちは
毎日暑いですね。

今日は7月10日に開催したイベント〜
チョコレート・トリップ Vol.1 〜Summer のちょっとした報告を。


*******

進行役というのは、写真がとれないものですね(苦笑)。

お出しするスイーツをお店まで取りに行ったり、
会場のテーブルセッティングをしたり、
パートナーと段取りの確認をしたり、
飲み物の準備をしたり、
お客様をお迎えしたり・・・。
そうこうしているうちに、撮影ということがすっかり頭から抜け落ちてしまいます。
(というかそれどころではないっ)
今回もこのカクテルが撮れませんでした〜とほほ。

暑いなかお越しくださったみなさんに冷たいウエルカムドリンクを!
と、猿舘シェフの新作ガトー‘リュシオール(蛍)’をイメージしたカクテルを考えました。

南国フルーツ&カカオのカクテル♪


ゴディバのチョコレートリキュール
モナンシロップ・ココナツ
マンゴーソース
パイナップルジュース100%
炭酸水

これらを比重の重たい順にそっと氷の上から注いでいくと、
なんとなくサマーイエローのグラデーションになります。
赤いストローをさして、かき混ぜながらいただくと、
定番ピニャゴラータ風の味にほんのりカカオのコクがさし色(味)となっていけるです☆

混ぜてしまうとアイスティーの失敗作みたいににごった色になってしまうのですが、
プチピチと舌に炭酸の刺激が心地よいカクテルです。

↓写真は家で作り直したもの。
トロピカルカカオカクテル☆うちで再現してphoto!
リュシオールというガトー名については後で知ったのですが
このグラデーションがなんとなく蛍っぽいじゃないの!? と一人でにんまり☆

同じような素材を使ったガトーとのマリアージュも悪くなかったです☆☆


(ガトーのリュシオールについてはまた後日に!)
by fruitsnoirs | お菓子のイベント 
ページトップ ▲