諏訪のカフェ・タックでそば粉のガレット 

2011/09/25
 ワイン会の翌日は、八ヶ岳周辺でリラックス&探検するのが楽しみ。そこで教えてもらった信州そば粉のガレットをいただきに下諏訪のカフェ・タックへ。

 日曜でひょっとして...混んでいるかもと電話して席を予約しておいたら、テーブルのカードにいきなり心熱くなってしまった♪ 到着前にちょっとイライラできごとがあったからなおさら。

 それは・・・

 諏訪ICで、ETC出口に無理やり横はいりしてきた三河の赤い車が、実のところETC搭載車ではなく立ち止まったと思ったらバックしてくるわで恐怖体験。係員対応終わるまで10分以上その車の後ろで待たされた挙句、ゲートが開いたら謝るでもなくさっさと発進していった。私としてはもう珍しく腹の底から怒・怒・怒り! イライラしたまま遅れての到着だったのに、このテーブルでいやなことは全て忘れた!! 

 オーナーの‘好き’や‘手作り’が詰った小さなお店にキョロキョロ、注文する前から興奮ぎみ。

 そば粉の塩味ガレット2種のうち、今回はスタンダードなコンプレを注文。ラッキーなことに、ランチタイムはアルコール以外の飲み物とセットで1200円。えっ、東京じゃ考えられない心の広さだ! 卑しい私はどうせなら値段の高い500円のドリンクにしなきゃと(笑)、運転でシードルが飲めない悔しさもあり、オリジナリティのある冷たいオレンジハニーティーを選んだ。

 数分後、運ばれてきたガレットのなんて大きいこと! お野菜のリースがのっかった繊細かつ大胆なガレットは、カリッと力強いそば粉とバター香ばしく、ハム、チーズと絡んで旨い☆☆☆

 そうそう、ブルターニュやフランスの田舎で食べた光景ってこんな感じだったっけ。この町の雰囲気とか、田舎の感性が通じているのか、それもあるけれど、実はそば粉にも店主・立石巧さんのセンスと努力が隠されていた。地元八ヶ岳のそば農家さんに、挽き方を蕎麦用より粗くして欲しいと頼んでいるそうだ。何でいつもの挽き方じゃ駄目なのか、最初はガレットなんて食べ物、知らないおじいちゃん農家には理解できなかったそうだけど、対話していくうちにいい関係を築いていった。
 
 ブルターニュは貧しい土地だったから、そばも白い部分だけじゃなくて、全て無駄なく使おうとしたのだろうな〜。そんなスピリットがこのガレットから感じられた。

 カフェ・タックのある御田町(みたまち)商店街には、御湖鶴で知られる日本酒の老舗蔵があったり、昭和の風情ある通りに若い感性のクラフト作家アトリエ&ショップがぽつぽつあったりでお散歩も面白かった。

 今度は甘いガレットをいただきたいな。
by fruitsnoirs | 八ヶ岳であれこれ 

水抜き 

2011/03/23
 水抜き

 毎日やるものでもないし、感覚より確認作業なので自転車のように何年乗っていなくてもできるというものではない。

 下見に行った私は、だからしでかしてしまった。余計なことを。

 業者の作ってくれた「水抜きマニュアル」を見ながら、出来るようになろうと順番にひとつずつ進めていこうと思ったのに、最初からつまづいた。書いてある部品部分がどこのことだかわからない。。。図面に矢印をしてあるのに。

 次に栓をまわす作業。

 ここで日本語の主語述語省略の罠にかかった。

 「閉める」「開く」のマニュアル表現に対し、栓実物の表示は「排水する」「水抜きする」とかで一致しない。どっちが閉めるの意味?

 あー、私ってなんてアホなんだろ。日本語がわからないよー。

 何回かまわしいじっているうち、元々どういう状態であったかがわからなくなってしまった。

 下見に来た木曜は地下室から2階まですべてチェックし、建物の中は異常がないことを確認していただけに、この後のトラブルは私の良かれと思ってやったことが仇となってしまった。

 どうも水圧が低くなったようだと、土曜に来てもらった設備屋さんに相談すると、いじったバルブ栓が逆回しになっていたため水が抜けていたせいだとわかった。あちゃーっ、やっちまった。抜けた水がしみこんで地下室が水浸しになっていて唖然・・・。

 設備屋さんからは
「バルブを見ちゃ駄目だ、開くといったら左へ、閉めるといったら右へ回すだよ。」

 はい、もう二度と同じ間違いを起こさないよう、マニュアルにしつこく書き込んだ。マニュアルも自分で納得いくように作らないと、本当に理解したことにはならない。家庭用不凍液も馬鹿にならないほど高いことがわかり、寒い国に家を持つことの大変さをしみじみ知る。都会生活で鈍感になっていた家の仕組みに目からうろこ状態。

 地下室の水を後始末しながら超凹んだ連休。腰が痛い。

 せめてもの救いは、清里のアン・グーテで美味しいチョコレートケーキ〜ク・ド・クールを食べられたこと。カカオ感はあるのにキレのあるチョコのムース、あれは男前だったなぁ。名前通り胸の鼓動を打たれた感じ。お菓子屋さん、ありがとう。
by fruitsnoirs | 八ヶ岳であれこれ 

地震の被害が・・・八ヶ岳の家の給湯器壊れる・・・ 

2011/03/22
 今回の地震で東京の家に幸い被害はなかった。

 八ヶ岳の家も、毎月共同でワイン会をやっている隣の隣のYさんに聞く限り、揺れてしばらく停電はしたものの特に何もなかったと聞いてほっとしていた。先週の水曜日までは・・・。

 停電は、夏場に落雷の影響でしばしばあるのを知っているから、弱いな〜と思いつつその場はいつものこと、位にしか受け止めていなかった。
 
 そして先週16日(水)、ダーから急ぎの電話が入った。うちの山ログにプロパンガスの検針で来た女性が、‘外に水があふれていたのでバルブ栓を閉めておきました’と、事務所に帰ってからダーの携帯番号をわざわざ探して連絡くださったという。おそらく地震の翌朝まで停電していたので、凍結して破裂したのではないか、とのこと。

 困った。もし水道管の破裂なら中まで水浸しになっていたら大変。でも東京にいる限りすぐに確認はできない。すぐにY家に連絡をとり状況を聞いてみた。すると、定住している近隣数人の家でも、夜中停電で給湯器のバルブを温めるヒーターが作動せず、凍結し破裂するトラブルが起きているというじゃないの!

 すぐに給湯器メーカーに連絡をとると、同じようなトラブルでの修理依頼は600件超え(水曜時点で)で、最短でも20日(日)、当然部品も欠品が続出で修理完了できるかわからない状況に・・・。さらに他の水道管破裂の可能性もあるので設備屋さんに見に行ってもらう。彼の説明曰く停電のときは水抜きしないと凍結でみんなやられてしまう。だから別荘のように使っていない家より住んでいる家で多く破損したのだ。うちは別荘だけれど、冬も使うので水抜きはせず床暖房を10℃(最低設定温度)に保ち、凍結を防いでいた・・・が、ボイラーは外で、しかも管はやわらかく薄いらしく(素人なのでよくわからないが)、管を温めるヒーターが落ちると冷たくなるのも早かったのだろう。やられた〜(涙)。

 25年位前の春、清里のペンションで住み込みバイトをしていたとき、夜に必ず水をちょろちょろ垂れ流す作業をして寝た。水が流れていれば凍結を防げるからだ。あの頃は管用ヒーターなんかなかったのかな。勿体無いと思ったけれど・・・。真っ暗な中、水抜きする気力がなかったYさんは、それをしていたのでボイラー故障は免れたという。

 改めて、いかに今の生活が電気に頼って成り立っているかを痛感した。トイレの中には全自動(去ると自動的に水が流れるタイプかな?)だと停電時に使用不可になるものもあるとか、電話も昔のは電源なしでも使えたのに今はどう? 給湯器もガスだからといって、スイッチは電気なので停電時にお湯はでない仕組み。お風呂も入れられない。手でやる方法は? ないの?知らなかった〜! これにみんな泣いている。

 今回の故障では、最低でも7万円の修理代になるらしい(大涙)。はい、これを踏まえて、ものすごく面倒(本当に!)でもちゃんと水抜きします。

 日曜の時点で、給湯器メーカーに入った修理依頼は1000件を超えたという(ということは・・・他社含めたりすればその倍はありそう)。計画停電で、地震当日は免れた、このことを知らない地区のお宅の被害が続出・・・ということらしい。寒冷地のみなさん、水抜きか水ちょろちょろしてから寝てください!
by fruitsnoirs | 八ヶ岳であれこれ 
ページトップ ▲