ウルムのクリスマスマーケット 

2010/12/23
このノリで出し惜しみしていたクリスマスマーケットinウルム(ドイツ)2009年の写真をup!

(本当はPC買い替えたからできるようになったのです)

Ulm駅から歩いて約10分。
世界一高い大聖堂〜ミュンスターの前の広場がクリスマスマーケットの会場です。

クリスマスの飾り木を売る出店など、日本のお正月飾り売りと通じる光景(左)。
人口12万人のウルムのクリスマスマーケット〜ちゃんとゲートはあるけれど入場は無料(右)。
会場はちょっぴりおとぎの国。
メリーゴーランド(左)、
キリスト降誕シーンの人形と本物の羊や山羊を囲ったミニ動物園(右)。

めいっぱいクリスマスを着飾った三角屋根の屋台が100軒ほど並んでいたかしら。
大人も子供も、あらゆる人が楽しむ場なのね。
昼間でも寒いからグリューワインで温まっている大人(左)。
キャンディ屋台の人も、陶器のUlmオリジナルカップ片手にお仕事(右)。
長いの、太いの、白っぽいの、茶色やハーブ入り・・・

ジューッと煙を上げながらいいにおいで通行人を誘うのはソーセージ!!

でもわかるのはソーセージということだけ。
それぞれの名前や、細かい味の違いなど聞きたいことはいっぱい。
でも言葉が通じないから直感で選ぶ。

日本の食べ物でいったらそうだなぁ・・・
魚の練り物!

で、適当に目の合ったソーセージくんをチョイスしたら、カイザーセンメルに挟んでくれました(左)。
あとはマスタードなど好みでつけてかぶりつきます。
うん、こういうのは熱々を立ち食いに限る。

振り向けばかぶりつきファミリー(右)。

ヨーロッパ、特にドイツの商店といえば細工のかわいい看板たち。

たとえクリスマスマーケットでも、看板へのこだわりは欠かせないのですね!

パン屋の三角屋根には、ケーキの型やお皿で商品をアピール(左)。


手作り派には、金属や木製のクッキー型、バター型、麺棒などの屋台もあります(右)。
あ〜、色々見ていたらみんな欲しくなっちゃう☆
特に作り手の少なくなった木型は貴重ですからね。
そしてもちろんありましたよ!
ひと形パン〜ここのはヴァイナハトマンWeihnachtsmannという名前。

このときは隣の丸い揚げ菓子〜
クワルクバルシェン(発音?)Quarkballchen(0.95ユーロ)を買っちゃいました。
クワルクはドイツの白いフレッシュチーズで、このチーズなしにドイツ料理は語れないほど。
食べてみると生地にクワルクが練りこんであるため、とってもしっとり&ふんわり軽い口当たり☆(左)
拳骨ほどの大きさ(サーターアンダギーくらい)でもペロリといけました。

でもドイツのクリスマスマーケットで一番目立つお菓子といったらこれ(右)〜
ハート型にカラフルな絵文字飾りのレープクーヘン!
大切な人へのプレゼントにもするのでしょうか。

DU BIST SO TOLL!
(あなたはとてもすばらしい!)

FROHE WEIHNACHT
(メリークリスマス)

レープクーヘンとグリューワインの放つスパイス&フルーツの香り
記憶が蘇ってきます☆

(2009年12月の旅より)

食べるお花のボンボン♪ 

2010/04/10
花を食べる行為が好き!

…と書いて

このお花スィーツを思い出しました。
昨冬訪ねたドイツ・チュービンゲンのチョコレート祭りの出品で心奪われた
オーストリア「bluehendes-konfekt」のボンボニエールたち☆

クリスタル加工された優雅なバラや桜、可憐な野の花やハーブなどが
ちょこんとトップを飾る親指大のひとつぶ。

チョコレート…?

と思いきや、ベースはマジパン。

しかしマジパンときいてひくなかれ!

大方日本人の想像するものとは質も香りも違うのです。
そのマジパンに、フルーツやハーブ・スパイスで香り付け、物によってショコラが施されています。


あ〜全種類食べてみたい。
でも、食べるのが勿体無い…。

繊細なトッピングが崩れないよう大事に手荷物で日本に持ち帰ったものの、
あまりの美しさにしばらく眺めていたほどです。
(賞味期限は意外に長い)

バラ以外の花びらの味は正直あまりわからなかったけれど、
マジパンに包まれたフルーツの酸味やスパイスが、香りと色彩に溢れた庭に心を連れていってくれます。

…ああ、深呼吸…

そう、だから花を食べる行為が好き。
ページトップ ▲