ブルーのワイン 

2010/06/15
水無月〜6月のワイン会のテーマは「色」を楽しむこと。

色が人の心理にもたらすもの、イメージ、既製概念とギャップ…

様々な色のトリックを楽しんじゃおうというものでした☆



‘青いバラ’はありえないように、
ワインにも青はありません。

でも作ってしまったんですね〜、アメリカが!
青で作った白!?

もちろん、ぶどうから抽出された色ではありません。

表示に小さくブルーベリーエキス、青色の着色料と記されていますから!

ブルーベリーエキス入りだから青で作った白の青のこと???(ややこしい)


ともかく、このスカイブルーの泡には目が覚める、というよりうっとりします。
アメリカだからティファニーブルーっぽい感じもします。

シャルドネ主体で適度に酸味もあって、シーフードのアペリティフと好愛称。
(写真手前のホタテのフライ・キウイソースとばっちり♪)

そうそう、6月といえばジューンブライド。
サムシングブルー〜花嫁は何か青いものをつけると幸福になれる言い伝えがあるから
このスパークリングワインはウエディングにぴったりかも☆


青い固形の食べ物は食欲なくすからタブーだけれど、青いドリンクはあまり抵抗がないのは何故だろう〜。
(青といえば洗剤をイメージしてしまう…子供の頃、茄子が苦手だったのもあの色が怖かったから…)

デザートも青で作ろうと考えたけれど、食事の〆に手をつけてもらえないのは寂しいからやめました。

ここは王道で〜食欲をかきたてる赤をもってきました。

バラと赤いハーブ&スパイスで飾ったライチのアイスクリーム
お茶で反対色の青を〜ブルーマロウのハーブティー。

青で興奮し青で落ちついたワイン&食事会。
たまにはこういうテーマも面白い。

トラックバックURL:
Tracked from bingo at 2013年06月18日 06:58タイトル:bingo
ショコラーへの道:ブルーのワイン --CAKEPIA BLOG
Tracked from same day payday loans at 2013年06月14日 00:43タイトル:same day payday loans
ショコラーへの道:ブルーのワイン --CAKEPIA BLOG
Tracked from payday loans at 2013年05月25日 23:40タイトル:payday loans
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
ページトップ ▲