夏みかん花水のトロペジェンヌ 

2011/08/10
 先ほど「トロペジェンヌ」が到着。「薫々堂のシェフと楽しむ発​酵菓子の会」の3回目、冷凍した状態で届いた箱を開けると、オレ​ンジの花(ネロリ)がふわっと香った。

 屋号のごとく、いつもながらこの瞬間が第一の感動☆ そして直​径約18cmのトロペジェンヌと、店主の手書き栞、さらに小袋が​ふたつ・・・。今回の通販のための特別な「日本(山口県)の夏み​かん花水」と、店のレギュラー版である南仏ブランドのオレンジ花​水をコットンに染み込ませ密封された小袋。なんてステキな演出!

 色っぽいフランス製に比べ、大和なでしこらしくおしとやかな香​りに合わせ、レシピを変えて軽やかに仕上げたそう。そこが難しか​ったそうだけど、サンドしてあるクレーム・ムスリーヌの軽さがい​い感じ。むしろ私はこちらの方が好みかな。あっさり目のブリオッ​シュと、凍ったまま一緒にお口に入れると、バックヤードからほわ​っと花の香りが抜ける。第二の感動がこれ☆☆☆...。

 まずは1/8切れをと用意したお皿。でも冷凍庫から再び取り出​すことに・・結局1/4いただいてしまった。ゆっくりいただくと​徐々にクリームがやわらかく戻り、味わいの変化も楽しめる。第三​の感動だ。

 実は、夏みかん花水を紹介したのは私。山梨で主に国産オーガニ​ックのアロマ&ハーブ製品を手がける有香房さんとのご縁があり、​ぜひお菓子に使ってみたいとお願いしたところ、両者ともに快く受​けてくださった。そんな理由はともかく、もし興味のある方は、​8月末着通販の回にもチャンスがあるそうです。

赤いリボンをしたサントロペのお嬢さん登場♪
夏はひんやりのままいただきます♪
by fruitsnoirs | お菓子とつぶやき 

麦師のパンフェスタ! 

2011/08/02
 箱根の「麦師」にて、故・高橋シェフの三回忌「ブノワトン」OB​パン屋のパンフェスタに行ってきた。

 イベントでお世話になっ​ている薫々堂をはじめ、ムール・ア・ラ・ムール、静岡のプティ・タ・プティ、ポワポワ、名古屋のバゲット・ラビットのパンやお菓子が所狭しと​並べられていた。もちろん麦師のパンも!

 開店前からファンの行列が出来ていたそうで、私達が到着した時も入場規制がなされていた。
 高橋師匠のもとから巣立ったパン職人さんたちは、そっくりコピーとかっていうより、それぞれの表現をされていたのが面白かった。
 パン​の表情はもちろん、パッケージや何やら・・・。
 マカロンケースに入ったミニデニッシュなど、ちょっと贅沢な気分。

 これからゆっくり​いただきます☆
by fruitsnoirs | パンとつぶやき 
ページトップ ▲