ウィーンのホイリゲ気分でペースト作り☆ 

2011/07/31
はじめて伺ったオーストリア料理教室にて

テーマはウィーンのホイリゲ☆

もともとは秋の新酒解禁シーズンにオープンしていたワイン農家経営の居酒屋「ホイリゲ」には温かい料理メニューはなかった。

ワインと軽いおつまみと音楽

これがホイリゲの元祖コンセプト

今は、一年中やっているし、温かいメニューもあるというけれど、そこで工夫されたおつまみには、パンにのっけるペーストがいっぱい。

それはスペインのバルでピンチョスが生まれたような感覚なのかな。

そんなワインにぴったりの、ライ麦パンに塗る(のっける)ペーストを色々作って楽しかった〜。美味しかった♪

特にパプリカ入りカッテージチーズのリプタウアーは見た目も風味も後をひく。

ロースハムとピクルスの入ったペーストも、サンドイッチに応用できそう。

グリーンが爽やかなハーブペーストは、今の季節にぴったり。

色彩もきれいだし、日本のパン屋さんにもあったらいいのにね。

暑い季節は白ワインの炭酸割りがグイグイ飲めてgood。
難しいことなんか言わず、氷も入れちゃってアルコール度数下げたら疲れないし。

オーストリアにはこんなペーストが100種類くらいあるそうです。
他も色々トライしてみたいな。
by fruitsnoirs | お料理教室 

夕張メロンのガスパチョ 

2011/07/27
今晩は夕張メロンのガスパチョ☆☆☆

フランスのレシピサイトを参考に​、
フードショーでおつとめ品だった夕張メロンを使って冒険してみたら・・・


これ、めちゃ美味しいじゃないの!
色もきれいだし。


材料:メロン、スペアミント、玉ねぎ、塩、胡椒、オリーブオイル、氷

全てをブレンダーにかけるだけ。
食べる直前まで冷蔵庫で冷やす。

生の玉ねぎが辛くならないか心配だったけれど、
今ならまだ新玉ねぎシーズンちょっと過ぎたくらいだから問題なし。 
メロンの甘みと塩味で野菜ジュースのようにさっぱり。

毎日暑くてへロヘロだけど、旬は楽しもうっと☆
by fruitsnoirs | 作ってみました! 

八ヶ岳ブルーベリーを入れたコーンブレッド(マフィン) 

2011/07/23
八ヶ岳特産のブルーベリー・小林さんちの「ブルーレイ」で、
ブルーベリー・コーンブレッド(マフィン)を焼いた。

これ、昨年実験してはまってしまったリピートレシピ。
果物の季節がくると決まって作っちゃうってやつ。

ブルーベリーに​とうもろこし粉ってなんて相性いいのかしら。
故郷がアメリカ同士​だからかな?

焼きあがった直後、塩入れ忘れたことに気づきショック!

でも焼き上げてすぐに塩水​吹きつけてフォロー。

なんとかなったか・・・な。

あたたかいうちに、四つも食べてしまった。
by fruitsnoirs | 作ってみました!