ピエール・エルメのガトー・バチュー☆ 

2010/10/28
先日たまたま青山のピエール・エルメに立ちよったら、思いがけない限定品に出会いました。

それはガトー・バチュー


エルメのサイトから抜粋しますと、〜「ピカルディー地方の伝統菓子「ガトーバチュー」は、
祝菓子としてだけでなく、おやつや朝食として食べる家庭的なスイーツ。
ブリオッシュとクッキーの中間のようなふんわりとした黄金色の生地が特徴です。〜


背の高い特徴的な型で焼いた黄金色のガトー・バチューは、それだけで存在感があって釘付け!

エルメというと斬新、クリエイション、というイメージが浮かびますが、伝統菓子こそすごいのです。
ブルターニュのクイニアマンを小さく軽く洗練させたスタイルにしたのも彼だといいますし、
モンブランも、マカロンも、伝統を踏まえてオリジナリティを吹き込んだものだと思います。


ピカルディーというとベルギーに近い北のバター文化圏。
たっぷりのバターを使いつつ、
イースト発酵菓子とは思えないほどケイクのようなホロホロ感に驚きとため息〜♪

お店の方の説明通り、好みのコンフィチュールを添えていただきました。
果物の色艶が鮮やかに映え、一層ときめきます。

こんな食べ方で思い出したのが、ビスキュイ・サヴォア。
やはり個性的な型で焼き上げるシンプルな生地を食べるサヴォア地方の伝統菓子だけれど、
こちらはバターは使わず、さらに小麦粉とでんぷんでとっても軽い。バチューとは対照的に!
生地だけだと頼りない味だけど、
コンフィチュールやクリームをつけたりカフェオレに浸して食べると印象が変わる、不思議なお菓子。

話はそれたけれど、結局私はエルメのお菓子では発酵ものが好きなのかもしれない。
by fruitsnoirs | お菓子以外のつぶやき 

オリーヴ収穫・・・しかし・・・ 

2010/10/13
我が家のシンボルツリー☆オリーヴが収穫のときを迎えました。

たわわ・・・とはいかなくても、よく目を凝らして見ると、
ほんのり紫がかった直径1〜2cmほどの実がちらり。
しかし、どのくらいでもいでいいか勉強不足でわからず〜。

あれこれしているうちにポトリっ、ポトリっ・・・
気づけば何個も落ちてへたっている。

落ちてしまったものを洗って一口齧るもしっ、渋いっ!
急いでうがいをする。

塩漬けってどうやって作るんだっけ???

何でも苛性ソーダでシブ抜きしなきゃならないらしい。

苛性ソーダって・・・せっけん作りなどに使う、薬局でハンコ押して買わなきゃいけないものだ。
ブレッツェルをゆでる液にも使う。

あれやこれやもたもたしてたらほとんど落花してしまい、潰れていて使えない・・・
まだ木についている実を収穫したらたったの34g!!
あれやこれやで今年はあきらめ、塩水につけて様子をみよう。

オリーヴがここまで実ったのは今年はじめて。

塩漬けは来年までの宿題としておこう。
by fruitsnoirs | お菓子以外のつぶやき 

ザ・プレミアム・モルツの黒とロータスビスケット☆ 

2010/10/10
府中のサントリー武蔵野ビール工場に行ってきました。
中央道沿いの、ユーミンの歌にもなったあの建物〜☆
実は初めて訪問します。


私が参加したのは「ザ・プレミアム・モルツ講座」という見学コース。

実際ザ・プレミアム・モルツの原料となる麦芽をテイスティングしたりアロマホップの香りを嗅いだり、
ただ機械の流れを見るだけでないところが面白〜い。

麦芽を噛むと甘くてミロ(麦芽飲料)の香りがしてくる!
ペレット状に潰したホップを輸入しているなんて、考えたものだわ!
(心地よくてずっと嗅いでいました・笑)
最後はお待ちかね、ビールのテイスティング。

ひとり3杯までOK!

しかもできたてをサーバーから専用グラスに注いでくれる。

ザ・プレミアム・モルツに合うおつまみが5種類ついているが、これまたユニークなものばかり。
豆菓子、ドライパイナップル、ビーフパイ、みそ落花せんべい、そして・・・ロータスカラメルビスケット。

私は今月中旬から限定販売される黒のザ・プレミアム・モルツと
カラメルビスケットの組み合わせが気に入ってしまいました。
(チョコレートとも楽しんでみたいなぁ)


黒ビールは味が濃すぎて最後まで一度に飲みきったためしがないのに、
この黒は香り豊かでコクがあるのに苦味が残らない、不思議とググっと飲めちゃいます。
入れ方がうまいからかしら??? クリーミーな泡、おいしい☆
そのせいかラスト3杯目は黒をチョイス。

ビールを大量に飲めない私が・・・3杯!
工場を出る頃にはふらりいい気分になっていました。

この太っ腹な見学コース、リピーターがいるのもうなずけますね。
(ありがたいことに無料です〜)
by fruitsnoirs | お菓子以外のつぶやき 

カイザーゼンメルを楽しもう☆ 

2010/10/08
ドイツパンとその食べ方を、パンの種類やテーマに沿って食べて親しむドイツパンクラブが発足。

その記念すべき第一回に参加してきました。

今回のテーマはゼンメル。
南ドイツやオーストリア、スイスで見かける小型の小麦の朝食パンです。
日本でいうバターロールみたいな存在でしょうか〜。


写真は日本橋浜町タンネのカイザーゼンメル。

表面に五本の放射線が入っているのが特徴で
プレーンのほか、ケシやゴマの実をまぶしたバリエーションがあって見た目も楽しい。
ちょっとおはぎっぽいかな!?

ドイツの食べ方は横半分にナイフを突き刺すように入れ、
ハンバーガーバンズのように二枚にスライスしますが、
バンズと違うのはサンドイッチみたいに具を挟んで食べるのではなく、
オープンサンドみたいにバターやチーズ、はちみつ、ジャムなど、単にのっけて食べるのだそう。

このパンをスライスするとき、慣れない日本人はちょっと戸惑う〜。

もちろんサンドイッチにしてもOK。
この夏、猛暑のせいか、多くのパン屋でみかけた冷やしパン・・・
タンネでも小さなカイザーゼンメルにアイスクリームをサンドして売っていました!
見つけた時、私はお腹いっぱいで買わなかったけれど、最中アイスみたいな食感になるそう。
わぁ〜、やっぱりトライすればよかった。。。
イタリアのブリオッシュ・コン・ジェラートとは違ったおいしさ??


冷たい具だけでなく、温かい料理もスライスしたカイザーに挟んでパクリッ!
ニュルンベルガーというビッテのシェフ特製のソーセージと、ザワークラウト、マスタード。

スライスしたカイザーの両端でそれらを挟むようにして食べます。
これは手巻き寿司のような楽しさ〜(笑)。

パンにジューシーさがほどよくのって、とっても美味しい☆☆☆


最後は日にちが経って固くなったカイザーゼンメルの再利用術。
パンプディングみたいに、牛乳や卵液にちぎったパンを浸し丸めてラップして茹でたクヌーデル。
それを旬のきのこのクリーム煮と一緒にいただきました。
パンが貴重だった頃には、あれこれ無駄なく食べる知恵から生まれたのでしょうね。
今となっては結構手間のかかる作業だから、レストランらしく洗練されたお料理になっていました♪
(ドイツ、オーストリア系って、このクヌーデルがよく登場する)

子供の頃、お茶碗についた米粒がひとつでもあると、親に注意されたものです。
あちらでもそんな風に、パンを残さず食べる躾があったのでしょう、きっと。

なかなか充実した2時間でした。
次回も楽しみです。
by fruitsnoirs | パンとつぶやき 

旅行博2010で世界の味♪ 

2010/10/01
先週末、ビッグサイトの旅行博に行ってきました。
会場はものすごい人・人・人の数にびっくり。
入場料1000円ちょいで仮想の世界めぐりできるならいいのかな〜。

最近はネットでの情報発信が進んだのと経費削減のためか、
ほとんどの国の観光局は一般窓口を廃止、紙物も廃止、
つっこんで知りたいことが直接聞けなくなってしまいました。
だからこういう機会はありがたいです。

お昼すぎに着いたのでまずは腹ごしらえ。
各国料理屋台の中にハンガリー料理を見つけ即決!
ところが早くも狙っていたグヤーシュは売り切れ〜、
セーケイカーポスタというサワークラウトと豚肉のパプリカ煮込みと
ポガチャというパプリカを練りこんだパン
貴腐ワインにも使われるレアニカ種の白ワインをいただきました(有料)。
相変わらず我慢できず、写真撮る前にパクついてしまい〜
しっかり歯がたがついたポガチャ(笑)

はじめて食べるこのパン、弾力はあるけれど引きがないスコーンのようなイメージかな。
それにパプリカのうまみが絡まって後をひく☆☆
やはりパプリカを使った料理は日本人の味覚に合う!
(なんか昆布みたいなのです)

酸味のある煮込み料理を食べ、ポガチャでほっくり、ワインでまったり。
あー今度はもっと余裕のあるところで食べてみたいな〜。


次に見つけたのは、チュニジアブースでの人だかり。
その奥をちらっと見ると、お皿にチュニジア風スナックを何種類も盛っている!
赤&白ワイン、ミントティーもどんどん注いでいる!
えっ、無料配布!?

そりゃ並ばなきゃ〜と、争奪戦に加わりました。
無料の食べ物の前に理性を忘れる来場者たち。
やっとの思いでゲットしたかわいい皿盛りが下の写真(携帯カメラですが)
カナッペ、えびフライ、ミニ春巻き風、ミニサモサ風、ミニミルクタルト? アーモンド菓子・・・
チュニジア風フィンガーフードは揚げ物中心ですがしつこくなく、ワインのお供にぴったり。
中でも驚いたのはナツメヤシのふっくらぷりぷりジューシーなこと!
今までベトベト甘いのしか食べてなかったからか、こんなにおいしかったの?って開眼。
基本、お酒を飲まないイスラム中心の国なので、甘いものが豊富なのですね〜。

他にエチオピアのコーヒーセレモニー、イランのチャイなど、その国の道具が見ものでした。
世界の味な風習、来年はどこへ行けるのかな〜。
by fruitsnoirs | その他の食イベント 
ページトップ ▲