「欠けたケーキ 途上国を支援」ラブ・ケーキ・プロジェクト! 

2009/11/27
 タイトルの「」は先週土曜の日経新聞夕刊に掲載されていた記事の見だしです。

 ホールのケーキにあえてひとり分(ワンカット分)欠けたケーキを作って、欠けた分の代金を主にアフリカなど途上国の食糧支援に寄付する試みがスタートしたそうです。

 ワールド・ビジョン・ジャパンという途上国支援に取り組むNPO法人の働きかけに、人気パティシエの7店が協力し、ひとり分欠けたケーキを予約制で製作する。お金とともに甘い幸せのおすそ分けをするのはいいアイデアですね。

 そういえば新年を祝うフランスのガレット・デ・ロワのカットも人数分+1切れでカットする風習がかつてあったのだとか。余った一切れは貧しい人に施したり、その日その場に居られない人のための捧げものだったそうです。このプロジェクトとなんだか通じるものがありますね。

 とはいえ、普段ホールのケーキを食べる機会はめったにない私は、クリスマスケーキが対象だったらいくつも協力できたのに…と思うだけなのでした。
by fruitsnoirs | お菓子とつぶやき 

薫々堂のパンデピスでパン・ペルデユ 

2009/11/22
 パンデピス〜って、近頃は一般的になってきたのかしら!?

 フランスではじめて食べた時は、重くて甘くてネチネチバサバサ…。市場で売っていたそれは樅の木はちみつ味が個性的でなんじゃこりゃっ〜て仰天。

 しかし、クセがあるものほど、好きになるとのめりこむもの。スパイスの調合や蜂蜜の種類によって、様々な香りを食べるのが楽しいお菓子です。

 薫々堂さんでも、オープン当初に少し作っていたのですが、ずっとお休みしていたパンデピスを、今回のクリスマスマーケットイベントのために蔵出し、しかもリニューアルしての登場でした。

 現在一般にパンデピスといえば、蜂蜜たっぷりの重たい生地をベーキングパウダーでふっくっら膨らませるのですが、そこはパン屋さんらしく昔のやり方〜酵母の働きを利用します。なのに食感はほろほろしたケイクのよう…これには驚きました! 

 当日はアイスクリームをのっけてサービスしました。そのままでもいいけれど、ひと工夫でパンデピスがリッチなデザートに変身! (残念ながら写真はなし)

 そう、パンデピスは意外に応用がきくのです。フランスではフォアグラやウオッシュチーズをのっけてあまじょっぱい味を楽しみます。もちろんほろ苦いショコラをのっけるのも☆☆☆

 私は南仏の民宿マダムが朝食に作ってくれたパンデピスのパンペルデュに目からウロコ…機会があると作ってしまいます。写真の手前がそれ。卵と牛乳を混ぜてパンデピスを浸してバターを溶かしたフライパンで両面焼くだけ。粉砂糖やコンフィチュールを添えて甘くしてもいいけれど、これはお肉のパテが合いました。→そうするとワインが欲しくなって…つまり食欲旺盛になる食べ物ってことですね!

 
by fruitsnoirs | お菓子のイベント 
ページトップ ▲