プルーンタルトの思い出 

2011/09/06
 プルーンのタルトで思い出した。

 FRANCE・Alsace地方の親子M.O.F.パン屋ドルフェールさんのところに一日研修したときのウエルカムスイーツがクエッチ(プルーンの一種)のシュトロイゼルタルトだった。

 アルザスの旬の味覚を召し上がれと、さりげないホスピタリティーに感激。その翌日、早速マルシェでクエッチを見つけ買って食べてみたのでした。

 ぶどうに負けないくらい甘くて濃くてジューシーな紫のフルーツ。パン屋さんにかかったら、粉やお砂糖、バターにかくれんぼして、ホロホロ&シャクシャク、とろーり甘酸っぱいおやつになる。

 ああもう一度食べたい!
 クエッチについて考えていたら偶然見つかった!(写真の左側)

 心洗われるフランス菓子の博物館にて☆

 スタッフに尋ねたら今年になってから始めたお菓子だそう。何十年やっていても常に新たな境地を切り開く、職人ってすごいなと思う。

 クエッチは生ではなく、半加工品らしいのですが、本物のクエッチに日本で出会えるのは貴重。このお店らしく、力強くブレがない美味しさ。。。

 でもアルザスでの体感が蘇ったのは、先週いただいたローブ・ド・サージェンのタルトの方〜瑞々しい果実感でフランスの田舎にワープ。

 旬、地物、素材を生かすがテーマ・・・なんだか聞いたことがあるような。日本の地方でやっているイタリア料理店のようなコンセプトは、フランス地方菓子にも当てはまるってことね♪
by fruitsnoirs | パンとつぶやき 
ページトップ ▲