ドイツから届いた型で仔羊ケーキ 

2011/06/21
 ずっと前から欲しかったドイツのイースター仔羊ケーキ(OSTERLAMM)型がドイツの友人から届いた。

 一昨年の冬に行ったときに探したけれど、シーズンオフのため、仔羊じゃなくてトナカイ型しか見つからず、海外通販もドイツ語ではわけわからず・・・。amazonは海外配送を書籍CDなどに限っているようで半ば諦めていた。私のわがまま引き受けてくれた友人よ、本当にありがとう☆☆☆

 うれしくって、早速箱裏にあるレシピでOSTERLAMM(オスターラーム)を焼いてみた。
裏レシピはドイツ語だけでなく、英語やフランス語もあったので解読OK!

 どこにでもある材料を、全てを混ぜるだけという家庭菓子王国のレシピは、ハードル低くてやる気にさせてくれる☆

 材料は、バター、卵、砂糖、ヴァニラシュガー、小麦粉、片栗粉、ベーキングパウダー、砕いたクルミ、塩
 仔羊型は、メーカーによってデザイン、材質、大きさもいろいろ。KAISER社のこれは、表情がさりげなくかわいいのと日本人には手頃な大きさなところがいい(もっと大きいのが主流だし、漫画チックな表情の仔羊もあり)。

 バターを塗って粉を塗したら、両面あわせて金具で固定して頭を底にし、生地をまず頭部分にぎゅっと詰めてから全体にならし入れ倒さないようにオーブンへ。
 この本もジャケ買い!

 イースターのレシピがお料理、デザート、お菓子と満載。それに、イースターのデコレーション(卵、切り絵カードなど)の作り方まであってドイツ語がわからなくても見ているだけで楽しい☆☆☆

 右側の天使の袋はイタリアのベーキングパウダー。

 以前旅行でパケ買いしたものですが、普通のベーキングパウダーと違って、ヴァニラのようなパネトーネのような〜甘い香りがするの♪ 

 この香りがイタリア菓子っぽくしてくれる魔法のBP。

 今回はドイツ菓子だけど、外国っぽい雰囲気にしたくなってこのBPを使ってみた。 
 冷めてから金具を外し、生まれた仔羊ちゃん♪


 本や箱の写真に倣って、耳をアーモンドで、目はカカオニブとパールシュガー、毛はパウダーシュガーでお飾り。

 なかなかかわいくできました〜☆


 肝心のお味は!?

 片栗粉入りのさっくりもろもろな食感がバターとくるみたっぷりのリッチな生地に軽さを与えている。BPの香りは効果的だったかは謎。

 それから塩一つまみが自分には加減強く感じた。あー塩梅って難しい。

 でも、友人宅のワイン会に持っていったらあら不思議

 お酒飲むとちょうど良い! ケーキがお酒のあてになるとは(笑)。


 今度は違うレシピにもトライしてみよう。
 とにかくこの型で焼くことが楽しい!
by fruitsnoirs | 作ってみました! 
ページトップ ▲