フィンランド家庭でシナモンプッラ作り その8(番外編) 

2011/05/28
 シナモンプッラをフィンランドの家庭にお邪魔してマダムPと一緒に作った体験記の番外編。

 マダムPには、立ち寄ったスーパーで売られているパンの一部を案内してもらった。

 この中からいくつかを買ってお家で食べさせてもらって、たくさんの種類の微妙に異なるテクスチャーや味わいを実感。

 小麦粉生地、小麦粉にじゃがいもを混ぜこんだ生地、ライ麦は100%から比率はいろいろ。あとは雑穀系を混ぜたもの、乾燥させた薄焼きクネッケ、アレルギーに対応したグルテンフリー生地、冷凍の半焼成品など予想を超えたバラエティの多さに驚いた。

 マダム曰く、朝早すぎて、まだ搬入が十分ではないからこれでも少ないほうだという。このスーパーのパン売り場は、20畳くらいはあったろうか・・・これを書いている現在の頭の中でのイメージなので数値はいい加減。でも日本のスーパーに比べたら、フィンランドのそれは相当なスペースだったことに違いはない。
 maalais viipaleet

 直訳すると、素朴な・スライス

 日本でいう食パンのような存在かな。

 ちょっと背が低いのは、こちらではバター(マーガリン)を塗り、チーズや野菜、ハム等をのせてオープンサンドで食べるからだろう。
 Taika Ruis 100%

 100%ライ麦ロールパン

 Ruisと表示があればライ麦のことだと教えてもらった。

 100%の割にはそれほど重くなさそう。

 ちなみにTaikaを翻訳すると魔法とでるけれど・・・魔法のライ麦・・・ライ麦マジック!?
 つまり健康志向をアピールしているのかな。
leivottu suosikki-reseptilla
auringonkukka-leipå

 黄色い包みにリボンのプリントパッケージがナチュラルなイメージ。

 こういうのにそそられる。

 が、文字も多くて商品名はどれがメインなのか???

 翻訳機にかけたところ、一行目が「あなたのお気に入りのレシピで焼いた」
 二行目が、「ひまわり・パン」となった。

 うーん、やはりこだわりシリーズっぽい。
lapin rieska peruna

ラップランドの平焼きパン・じゃがいも入り

rieskaが平焼きパン、perunaとつけばジャガイモ入りとのこと。

1994年にはじめて北欧で食べてはまったパンがこれ。サーモンやクリームチーズ、ハム、レタス等をくるりと巻いて食べる。手巻き寿司文化の日本人には、とってもツボ! ほんのり甘くほっこりソフトな生地に癒される。

 裏にはこんな風にイラスト入りで食べ方が書いてある。

 お好みのものを巻いたり挟んだり、ランチボックスにもってこい!

 IKEAに冷凍ものが売っているけれど、まだまだ日本では知られていない。

 一時期アメリカ発のラップサンドが注目されたけれど、あれはメキシコのフラワートルティーヤだったっけ、それとも北欧系だった? 全然違う味わいなのになぁ。
lapin rieska ruis

Ruis! ラップランドの平焼きパンのライ麦入り。

 ライ麦入りもあるとは知らなかった。コクがあるのかな。
varras leipå
 串のパン!?

 これは乾燥させたパリパリのパン。
昔はパンを焼くのは年に二度だけだったので、真ん中の穴を竿に通してストーブの上にかけて乾燥させ保存していた。今では穴はその名残というわけ。

 こういう雑穀入りのクネッケ風は、チーズのお供に合うからか、日本でも北欧から多くの種類が輸入されている。まあ、流通しているのは収納や使い勝手の面で長方形ものばかりだけど。
 試食したフィンランドパンは、コクはあるけれど、口当たりがソフトか甘めか、硬いけれど薄いからか軽くもろい食感のパンが多かった印象。

 今度行く機会があれば、もうちょっとゆっくりじっくり味わうために、パン屋さんめぐりなどもしたいな。

トラックバックURL:
Tracked from http://tinmountain.org/eco-sightings/topic.php?id=26076 at 2013年06月25日 04:10タイトル:http://tinmountain.org/eco-sightings/topic.php?id=26076
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
Tracked from http://www.piantegiardini.com/ at 2013年06月25日 02:03タイトル:http://www.piantegiardini.com/
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
ページトップ ▲