勢いにのって〜フィンランド式シナモンプッラ作り☆ 

2011/05/11
「喫茶iijima」やmoiカフェでのシナモンロールに刺激を受け、以前から作ろうと思いつつ腰が上がらなかったコルヴァプースティ(フィンランド風シナモンロール)を勢いで作ってしまった。

 カルダモンの皮むき&軽くすり潰す作業からはじめたコルヴァプースティ作り。。その瞬間からキッチンに香りが広がって、早くも焼き上がりを想像しうっとり〜。
 昨年フィンランドの家庭で教わったやり方をミックス。

 カルダモンの黒い粒粒が生地のあちこちに見えるほどドキドキ〜☆

 巻きも3周どころか5周はある。

 現地のママたちのやり方を見ると、透けるまではいかなくともかなり薄く生地を伸ばすことにポイントをおいていた。私がこれくらいかなと手を止めると、もっとのばすよう麺棒を動かされたものだ。
 お菓子っぽいパンは、成形するのが楽しいな。

 二次発酵まではなかなか期待できそう〜。でも焼きあがってみると、結構いびつになったりしてあらら・・・。まだまだ回数を重ねないとね。

 一番下の写真にある箱は、ストックホルムで買ってきた小粒のパールシュガー。このサイズ、ふりかけてもさほど甘く感じずサクサクした食感も好き。

 焼きあがりすこし経って食べたコルヴァプースティは、カリッと香ばしい皮とソフトで甘い香りにどんどん食べ進んで、あっという間になくなった。

 これはまた作ろう。
by fruitsnoirs | 作ってみました! 
ページトップ ▲