小さなブレツェルと蕗味噌&クリームチーズonライ麦パン 

2011/05/05
 石窯パン焼き体験などでお世話になっている長野県松本にあるパン屋さん「ブロート・ヒューゲル」

 ここはパンを焼くだけでなく、石窯を作ったり、乗鞍の山葡萄から酵母を起こしたり、原料となる小麦、ライ麦も自分達で栽培している、都会にはないスタイルのパン屋さんだ。

 もちろん一般的なイーストの食パン等も作っているけれど、私はここならではの石窯焼きパンや、自家栽培ライ麦を贅沢に使い、長時間蒸し焼きしたプンパニッケルが大好き。

 そのプンパニッケルの今期最終焼成日のお知らせを機に、いろいろ取り混ぜてお取り寄せをしてみた。

 いつもはお店に行って目で見て選んで買うので宅配は初めて。
 わぁ〜

 箱を開けて感激☆☆☆。

 今までの経験から、たいていパン屋の取り寄せは簡素で、箱の中にはパンと伝票が入っているだけ。特にギフトではないからそれで全然構わないし、過剰包装も面倒くさいし。

 でもヒューゲルさんのは、パン作り(麦作り)と同じ気持ちが、宅配にもさりげなく込められている、心にくい! 遠くから届いたパンなのに、近くのお店に買いに行ったみたいだ。

 どっしり石窯焼きのパンは、袋を開けた瞬間に熾き火の香りが立ち込めた。

 切り口が鮮やかなワインレッドのファルベヴァイン、自然なぶどうの香りに食指が動く。

 プンパニッケルの存在感、カラメル化したライ麦の甘みがしみじみ。

 あっ、このちっちゃなブレツェルはおまけ!?

 ブレツェル好きな私を気遣っての演出なのかしら・・・うれしい(考えすぎ?)
食べちゃおうかな、でもかわい過ぎて食べられない〜食べずに飾っておこう☆


 このプンパニッケルで、先日から話題にしている蕗味噌&クリームチーズonライ麦パンをやってみた。いつもイベント中は写真を撮る余裕なしなので〜こんな風にやって食べるのだ! これ、玄米ご飯にお味噌のっけて食べる感覚、よく噛んで旨みと酸味と苦味が広がる、いけてます☆
by fruitsnoirs | パンとつぶやき 
ページトップ ▲