細いブレツェル 

2011/05/03
 蕗味噌×クリームチーズをのっけて食べたドイツパンは、甲府のヴァルトで買い求めたライ麦100%のシュロートブロート。

 そのヴァルトで会計を済ませようとしたとき、レジ横の木製フックにかけられた、全てが細いブレツェルが目に入った!

 下が太く口が開いたレギュラーなラウゲンブレツェルとは違う。

 ブレツェルも地方や行事によって様々な種類があるようで、ブレツェルのことだけをまとめた本があるくらいパンの中ではカリスマ的存在。
 ふふふ・・・手のひらに馴染むこの大きさもいい感じ♪

 飾っておきたいけれど食べちゃおっと。

 ポキッ。
  
中には小さな管のような空洞が

 サクサク・・・。

そしてどこか馴染みのあるこの風味

 あっ、かっぱえびせん!?

どうしてか甲殻類の旨みを感じる。

 そんなの入っていないはずなのにね。

そう思ったとたんビールを開けてしまった!
by fruitsnoirs | パンとつぶやき 
ページトップ ▲