今年出会ったイースターのパン〜その1 

2011/04/18
青山を歩いていたら、アンデルセンのウインドウのかわいさに思わず立ち止まってしまった。

パステル色のうさぎとたまご♪

桜の季節は、キリスト教の欧米では復活祭のシーズン
命の生まれる春、目覚める春、新しいことがはじまる春

たまごは生命
うさぎは多産の象徴

という自然風習と考えるとわかりやすい♪
で、
で、

ガラス越しに見つけちゃった。
イースターのお菓子パン。

「ホットクロスバンズ」

吸い込まれるように店に入った。

アンデルセンだからデンマークのイースターパンはあるかな?
と見たけれど、

ホットクロスバンズはイギリスのそれ。

丸いバンズに十字(クロス)の生地をかけているのが見た目の特徴かな。
パンやお菓子もバターや卵は入れつつも、
クリスマスのものよりふんわりかる〜い。

このホットクロスバンズもオーブンで軽く温めたらシナモンとレーズンの香りがほんわり☆
クロスはレモン風味のビスケット生地かな?
カリっとアクセントに。
甘い香りに癒され、やさしい気持ちになる。


青山アンデルセンには他に、
うさぎの顔パン、
卵の形風パンなど
オリジナル?なイースター限定パンがあった。
これらの春を呼ぶパン、渋谷のフードショーにもあったらいいのにな。
by fruitsnoirs | お菓子とつぶやき 
ページトップ ▲