「チョコと京野菜のフレンチ!!」食べてきました 

2011/02/16
もう終わってしまいましたが、
ヴァンレンタイン期間限定の、
チョコ&京野菜フレンチのコラボコースをいただいて参りました。

想像していたより一皿一皿が繊細で、
お野菜の甘さを引き出す上品なお料理に仕立てられて感心しました。
京こかぶとパルマ産生ハム ガーナミルクのハーモニー
噛んだあと、ミルクチョコの甘さと口どけがカブの甘さに絡み合う☆

海の幸と京の旬野菜のサラダ仕立て バルサミコ風味のヴィネグレットカカオ
バルサミコ・カカオソースは、
カカオ感がありながら、海老やホタテ等、素材の甘さにコクとまろやかさがプラスされ
お代わりしたいほどでした☆

お刺身にもカカオはあり!
フォアグラのポワレ 聖護院大根と柚子風味を付けたガーナブラック ポルト酒のソース
フォアグラに大根は以前から定番ですが、
緑の九条ねぎは辛くないのか、その上のショコラと合うのかという予測を覆されました。

もちろん、ねぎだけピックアップしてちょっと食べるとねぎ辛〜!
でもユズ皮を練りこんだチョコがそれを中和しているのか、
旨みと香りのチョコ、さっぱりねぎ、そしてフォアグラの濃厚な旨み、甘みのあるほっこり大根
まるで濃淡のミルフィーユ!
真鯛のポワレと京の旬野菜添え ガーナホワイトと奇跡のりんご酢ソース
カカオバターのブールブランソース!?
・・・かと思いきや、高垣シェフのイメージは酢味噌なんだとか。

なるほど、カカオは味噌っぽい旨みとコクがあるからかな。
シャラン産エトフェ鴨のロティ ガーナブラックとオレンジ風味のサバイヨンのグラチネ
このソースは面白い!
サバイヨンは酸っぱくないマヨネーズみたいな卵黄ソースですが、
それにオレンジとチョコレートが加わると、まるでアイスクリームみたいな食感!
温かいのですが、ふわとろっとした口どけに、オレンジの爽やかな香りが心地よい。
これだけ食べたらデザートにもなりそうなソース
これを鴨に絡めて食べたとたん、違う世界を知ることになる☆

ガーナミルク&ブラックのミルフィーユ仕立て ガーナミルクチョコレートのアイスクリームと共に
ここまで知らない世界を巡ってきたので、
デザートはちょとだけストレートすぎ!?
悪くはないのですが、料理同様、隠し味でチョコを使うデザートにしたらどうかと思いました。

ル・トリアノンの高垣シェフは、日本で初めての京野菜マイスターで、
直送の京野菜を取り入れたフレンチを手がけていらっしゃいます。
そういった素材への取り組みが、チョコレートを見事なお料理に仕立てたのだと思います。
昨年一度イベントで試みたというチョコレート&京野菜フレンチ。
それ以来シェフ自身がはまってしまって、今回のヴァレンタインメニューができたとも聞きました。
ぜひ次も、未知な世界を見せていただきたいな。

トラックバックURL:
Tracked from quick loans at 2013年05月23日 08:20タイトル:quick loans
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
ページトップ ▲