チョコレート博覧会で 

2011/01/13
池袋サンシャインシティにあるナムコ・ナンジャタウンで開催中の
「チョコレート博覧会」に行ってきました。
実は私、ナムコ・ナンジャタウン初体験。
自由ヶ丘スイーツフォレストみたいなところ???

サイトでパッと見る限り、こりゃB級チョコの世界だぁ〜

なのに行っちゃったのは、これこれ・・・これのため! 

↓ ↓ ↓
古代マヤの王が飲んだチョコレート登場!!
カカオ豆挽き体験

世界最古のチョコレートを飲んでみよう!
レシピ提供:財団法人BIZEN中南米美術館


新宿伊勢丹のサロン・デュ・ショコラでさえやらない歴史体験を
ナムコがやっちゃうなんて、やるじゃないの!

そう思ってやってきたのに

・・・なのに、こんな張り紙が・・・
理由を聞いてみると、カカオ豆挽き体験に使う道具・メタテが壊れてしまったとのこと。
なので、メタテの展示もなければ再開の見通しもないそうで、とほほ・・・

あのごつごつした石臼が壊れるなんて、どんな使い方をしたのかしら。
スイッチひとつで終わってしまうことに慣れた今頃の人間にとって、
道具の重みや振動、素材の変化を直に感じる作業は、新鮮で面白くやりだしたら止まらなくなった
・・・のだろう。そして・・・

気を取り直し、世界最古のチョコレートを飲んでみようっと。
カカオと一緒にスパイスをすりつぶして飲んでいた古代マヤのカカオドリンク。
現代のように牛乳や砂糖は入れず、水とリュウゼツランのシロップで
すりつぶしたカカオを溶き混ぜて作ったドリンクは、ビターでちょっぴりスパイシー。
生クリームや牛乳とチョコレートを溶いたリッチな現代版より、むしろあっさり飲めるかな〜。

会場の一角にカカオに関するアカデミックなボードが展示してありました。

その横には販売チョコレートの陳列冷蔵ケース・・・、というギャップが面白い(笑)
だって、昆虫フィギュアなチョコレート(写真左)に、
北海道スープカレーチョコに味噌ラーメンチョコ(写真右)。
他にも!!!!!なチョコレートがいっぱい。
(ノーマル系も若干並んでますが)


ファーブルもびっくりな、
きもかわいいを通り越している!?
秋田県横手市・小松屋本店さん作・カブト虫の幼虫チョコレートについて、熱く語るスタッフの心意気が
だんだん私をその気にさせまして〜
(毎年一番人気だそうで)

はい、家にひとつ連れて帰ることにしました(笑)。

よく見ると、よく出来ていますが、果たして食べることができるかしらー???
by fruitsnoirs | チョコレートのイベント 
ページトップ ▲