ウルムのクリスマスマーケット 

2010/12/23
このノリで出し惜しみしていたクリスマスマーケットinウルム(ドイツ)2009年の写真をup!

(本当はPC買い替えたからできるようになったのです)

Ulm駅から歩いて約10分。
世界一高い大聖堂〜ミュンスターの前の広場がクリスマスマーケットの会場です。

クリスマスの飾り木を売る出店など、日本のお正月飾り売りと通じる光景(左)。
人口12万人のウルムのクリスマスマーケット〜ちゃんとゲートはあるけれど入場は無料(右)。
会場はちょっぴりおとぎの国。
メリーゴーランド(左)、
キリスト降誕シーンの人形と本物の羊や山羊を囲ったミニ動物園(右)。

めいっぱいクリスマスを着飾った三角屋根の屋台が100軒ほど並んでいたかしら。
大人も子供も、あらゆる人が楽しむ場なのね。
昼間でも寒いからグリューワインで温まっている大人(左)。
キャンディ屋台の人も、陶器のUlmオリジナルカップ片手にお仕事(右)。
長いの、太いの、白っぽいの、茶色やハーブ入り・・・

ジューッと煙を上げながらいいにおいで通行人を誘うのはソーセージ!!

でもわかるのはソーセージということだけ。
それぞれの名前や、細かい味の違いなど聞きたいことはいっぱい。
でも言葉が通じないから直感で選ぶ。

日本の食べ物でいったらそうだなぁ・・・
魚の練り物!

で、適当に目の合ったソーセージくんをチョイスしたら、カイザーセンメルに挟んでくれました(左)。
あとはマスタードなど好みでつけてかぶりつきます。
うん、こういうのは熱々を立ち食いに限る。

振り向けばかぶりつきファミリー(右)。

ヨーロッパ、特にドイツの商店といえば細工のかわいい看板たち。

たとえクリスマスマーケットでも、看板へのこだわりは欠かせないのですね!

パン屋の三角屋根には、ケーキの型やお皿で商品をアピール(左)。


手作り派には、金属や木製のクッキー型、バター型、麺棒などの屋台もあります(右)。
あ〜、色々見ていたらみんな欲しくなっちゃう☆
特に作り手の少なくなった木型は貴重ですからね。
そしてもちろんありましたよ!
ひと形パン〜ここのはヴァイナハトマンWeihnachtsmannという名前。

このときは隣の丸い揚げ菓子〜
クワルクバルシェン(発音?)Quarkballchen(0.95ユーロ)を買っちゃいました。
クワルクはドイツの白いフレッシュチーズで、このチーズなしにドイツ料理は語れないほど。
食べてみると生地にクワルクが練りこんであるため、とってもしっとり&ふんわり軽い口当たり☆(左)
拳骨ほどの大きさ(サーターアンダギーくらい)でもペロリといけました。

でもドイツのクリスマスマーケットで一番目立つお菓子といったらこれ(右)〜
ハート型にカラフルな絵文字飾りのレープクーヘン!
大切な人へのプレゼントにもするのでしょうか。

DU BIST SO TOLL!
(あなたはとてもすばらしい!)

FROHE WEIHNACHT
(メリークリスマス)

レープクーヘンとグリューワインの放つスパイス&フルーツの香り
記憶が蘇ってきます☆

(2009年12月の旅より)
ページトップ ▲