東京クリスマスマーケットめぐり☆〜2 

2010/12/13
次に向かったのは日比谷パティオで開催中の「ウィーン・クリスマスin TOKYO」


すでに暗くなっていたので写真がうまく撮れず・・・。

というのも、場所に対してブースが少なく、さらに距離を置いてばらけていたのでちょっと寂しい・・・。

ヨーロッパのように、長屋のように連なる小屋が参道ほどの道幅で向きあっていると、
オーセンティックな手作り品から100均チックなオーナメント、
ホットワインのスパイスやクリスマスクッキーの甘い香り、
グリルソーセージやクレープの焼ける煙など、体の中から刺激され、
キョロキョロ覗きながら歩くのが楽しいのだけど。

チラシには、
‘ウィーンの雰囲気を楽しみ、魅力あふれるウィーン製品に触れられる絶好の機会です’
とありますが、
現地の雰囲気を疑似体感するには、このご時世とはいえあまりに程遠い〜よ。



そうは言いつつ、しっかりいいもの見つけちゃた!
オーストリアのオーガニック&フェアトレードチョコメーカー「ゾッター」のクリスマスチョコレート☆

同じオーストリアのテイーハウス「デンメア」のオレンジプンシュ茶を
センターのチョコクリームに使ったコラボチョコレートだそう。

プンシュとは、ホットワインの一種でいろんなレシピがあるそうですが、
こちらのチョコレートにはオレンジ、オレンジリキュール、レモン、サトウキビ、
カルダモン、シナモン、クローブ、スターアニスがブレンドされたクリームが、
70%カカオのビターチョコレートのセンターになっています。
割った瞬間に冬の深〜い香りが漂い、口の中で心地よく溶け出していく〜。

ああ〜、これでクリスマスの気分になれました。

70g1050円はちょっと高いけれど、チョコレートとなると金銭感覚がどっかに行ってしまいます(苦笑)。

ちなみに本物の飲むプンシュも売っていました。
会期中(〜12月26日)にもう一度来れたら飲んでみようかな・・・。

(3に続く)
by fruitsnoirs | チョコレートの紹介 
ページトップ ▲