八ヶ岳でブルーベリー狩り&絶品ブルーベリータルトを味わう(前編) 

2010/08/11
今が旬のブルーベリーを求めて
8月の八ヶ岳においしい物好き仲間を案内しました。
小淵沢駅を出発し、セルクル(パン屋)訪問の後、暑さが厳しくならないうちに、
八ヶ岳南麓ブルーベリー組合に所属する小林農園さんのブルーベリー畑へ。


八ヶ岳南麓ブルーベリー組合とは、良質のブルーベリー作りを目指す組合員の集団。
定期的に勉強会などを実地しているだけあって、
組合ラベルのブルーベリーは品種表示もあり、他とはひと味違うのです☆


まずは畑で‘お父さん’のミニレクチャー。
どんな実を摘んだらいいのか、どんな品種が植えてあるのか等・・・。

お尻の星が小さく色が濃く指ですぐにとれるものが甘い完熟もの。(なるほど!)
品種によっても苗木によっても、畑の位置によっても微妙に味が違います!(不思議!)
甘い木はすでにたくさん収穫された後が・・・。(やられたっ!)


これがブルーレイ、あっちがバークレー、これもエリオット、スパルタンetc.

‘お父さん’は苗を指差して簡単に言うけれど、
名札も目印もないので私たちには全くわかりませ〜ん!!

こうなったら食べて気に入った香り味のものを摘み取るしかない、
みな真剣・集中。

この日は曇りぎみだったけれど、標高1000mの高原に降り注ぐ日差しは強烈。
30分もしたら日焼けがチクチク〜。

ブルーベリー狩りはかなり量を食べられるのがいい。
おみやげパックもいっぱいになったところで終了。

参加者Sさんはジャムやお菓子にするのだと、追加の持ち帰り分もたっぷり収穫、っすっごい!

終了後、‘お父さん’しか収穫が許されない貴重なダロウ種を買って

パン屋2店(ノエル、インノ)、ウイーン菓子屋(ミラベル)訪問の後ランチ会場へ。

ワイン会でお世話になっているMさんの野菜いっぱいケイタリング並べ、
買ってきたパン&ケーキで八ヶ岳ランチ☆


野菜が甘い、濃い、外で食べるのが気持ちいい。
あんなにブルーベリーを食べた後なのに、あっという間にお皿だけに〜♪

一息ついたら、いよいよこの日のメインイベント
「アングーテアラカンパーニュのブルーベリータルト」を目指します!
(次回に続く)
by fruitsnoirs | 八ヶ岳であれこれ 
ページトップ ▲