ヴァニラとプリンとカビ 

2010/06/25
 梅雨真っ只中、我が家の半地下バスルームでも、あまり使っていない(要は飾りと化した)木のボディブラシに黒い点々が…。うーっ、格好つけてナチュラル素材を揃えたものの、木の風呂椅子も買い換え2個目で挫折、簡単にカビ&汚れが落とせるプラスチックに落ちついてしまった。裸眼での視力upとこまめな動きができない限り、この相手には勝てません…とほほ。

 この黒い点々を見ながらはっ!と、先日東京近郊のケーキ屋さんで聞いたプリンにまつわる話しを思い出してしまいました。

 プリンといえば、私の子供の頃は家で作るものだったけれど、今日ではコンビニから専門店、セレクトショップができるほど、そのバリエーションは味やテクスチャーに留まらず、容器のデザインまで及んでいる。それだけ万人に愛されるスイーツってことですよね。

 でも王道はやっぱり卵と牛乳とヴァニラ+砂糖のアパレイユとキャラメルソースです。だから、その話しは最初信じられなかったのです…。

 買ったお客さんから「プリンにカビが生えている。」というクレーム。しかも何件もあったそうです。

 スイーツ好きならもうおわかりですよね、ヴァニラビーンズの黒い粒粒が黒かびと間違えられたということ! えっ、10年前ならまだしも、未だにヴァニラビーンズの実物が認識されていないのも悲しいかな〜。そうえいば、ハーゲンダッツが上陸間もないころは、バニラの粒入りだったのに、何時の間にか消えていていたのはどうしてだろうと思っていました。ちゃんと容器に中の黒い粒粒は本物のヴァニラですと注記してあったのも覚えているけれど、きっと同様のクレームが続いてやむなくエクストラクト(抽出液)に切り換えることになったのではと察します(あくまで自分予測ですが)。

 ところが面白いことに、容器を変更したところ前述のクレームはぱったり来なくなったそうです。蓋のついた容器から、蓋なしの容器へ。たったそれだけで鮮度に対する先入観がいつのまにか働いてしまうのでしょうか!? 製造日はまったく同じなのに〜笑☆ なんて人間の心理って面白いのだろうって感心しちゃいました。

 試しにネット状でプリン、カビと検索すると、同じような勘違いがちゃんと出てきました。あんなに慣れ親しんでいる香りのヴァニラちゃん、実は大変な苦労をされているんですね〜。

 (あー、風呂のカビがヴァニラだったらいいのに…)

by fruitsnoirs | お菓子とつぶやき 
ページトップ ▲