スペインのプリミティヴなチョコレート 

2010/06/03
ヨーロッパでチョコレートがはじめて飲まれた国スペインのチョコラーテ

チョコレートの歴史を遡ってみると、
中米アステカス帝国から最初にカカオがもたらされた国〜スペインに行かないわけにはならなくなって…
いくつかスペインでチョコレートに縁のある地を訪ねました。


まずフランスとスペインにまたがるバスク地方。
(フランスにはじめてチョコレートが伝わった地もバスク)

トローサという町のゴロチャテギというお菓子屋さんのチョコラーテはほろ苦くて濃厚☆
ミルクっぽさをほとんど感じないビター感は、隣接するフランスバスクで飲んだものとは全然違う!

またここにはお菓子博物館があり、
アステカ帝国から持ちこまれたカカオ豆を炒ったり擦ってペースト状にする道具(メタテ)の他、
ユニークな道具がたくさん展示してあります。
チョコラーテをいれるためのポット、型、
そして手前にあるのは馬の形のチョコレート用カッター。

板状チョコレートを馬の腹の下に挟み置き、
しっぽのハンドルをてこにしてトントン刻み、
それを開いている手前の口からポットに入れて溶かす。
なんとも洒落たカッターです☆
こちらはバスクの海岸沿いにある町のショコラ&お菓子屋さんのカフェで飲んだチョコラーテ。

なんとパウダーもの! でも味わいはとろんと濃厚です。
(↑左の赤と黒のパックがそれ)

CHOCOLATE CASERO
うちのチョコラーテ

そう書かれたチョコレートマシーン。

スペイン西部レオンの町のカフェで見つけ
レオン名物!?ふわっと軽い聖イシドロのパイ菓子とともに、この日の朝食としました。
チョコラーテはバスクのより甘く、やはりとろとろ。
レオンは巡礼ルートの中では大きな町、ここの5つ星パラドールは有名だけれど、
町全体はバスクより素朴な雰囲気が漂う。
バター入りのチョコラーテにも、そんな田舎っぽさが感じられました。
レオンからは西に巡礼ルートを辿りアストルガに向かいました。

アストルガを訪れる日本人は大方アントニオ・ガウディの設計した司教館見学が目的ですが

私のお目当ては専らチョコレートとチョコレート博物館!

メキシコから届いたカカオ豆を‘飲む’チョコレートに加工する工場が最初に造られたのがここアストルガ。
かのナポレオンも遠征時、ここで飲んだチョコレートの味が忘れられなかったそう。

その後次々と工場ができチョコレートの町となったアストルガ。
目抜き通りのチョコレート屋さんやお土産屋さんには、
様々なメーカーのチョコレートが並んでいますが、どれもが素朴そのもの。
バスクやバルセロナの前衛っぽさが嘘のようなレトロでローカルなデザインが返って笑えます。

ところが今やアストルガに工場を構えるメーカーはたった一軒!
(他は委託製造ということらしい)

そう話してくれたのは、お土産屋さん兼チョコレートカフェのおかみさん。
町で唯一、昔ながらのやり方でカカオ豆からチョコレートに加工するメーカー
Choco Dulce Cabezas のチョコラーテを飲ませてくれるカフェでのひとこま☆


とろみは濃いけれど、味はミルク多めで甘いチョコラーテは、
遠い昔の味、そしてメキシコの飲むチョコレートを連想させます。

おかみさんおすすめの楽しみ方は、
もうひとつのアストルガ名物マンテカダスをチョコラーテに浸しながらいただくこと。

カステラの原型ともいわれる四角い紙型に焼かれた菓子は、ふんわりほろほろ崩れる、
バター風味のどこかノスタルジックな味。
子供の頃、おやつで食べたことがあるぞ!と錯覚するのも、カステラ文化でつながっているからかしら〜。

マンテカダスは温泉饅頭のごとく、この小さな町に製造工場や売店がひしめいていました。
その勢いといったらチョコレート以上!
アストルガをはじめスペインの伝統的なドリンキングチョコレートは、
ひとつのバーが分厚くて固く、潰れきっていないグラニュー糖がジャリジャリ、
おまけに原材料を見ると小麦粉入り!!
だから牛乳や水を加え鍋で火を通すととろみがつくのですね〜。

あっ、写真右の包装紙デザインを良く見てください。
バスクのお菓子博物館で見たチョコレートカッターが描かれています!

ここでは道具がアンティークになっても、チョコレートは昔のままなのかしら…。


(2007年秋の旅より)
トラックバックURL:
Tracked from quick loans at 2013年05月18日 07:14タイトル:quick loans
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
Tracked from New Bingo Sites at 2013年05月16日 19:43タイトル:New Bingo Sites
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
ページトップ ▲