ドイツ風☆赤ワインケーキ 

2010/02/18
ヴァレンタインデーだからって久しぶりにケーキを焼きました。


一見チョコレートケーキ。
香りも主にチョコレート。
でもこのケーキの名前はロートヴァインクーヘン(Rotweinkuchen)
ドイツ語で赤ワインケーキ。

そうこれは赤ワインをココア生地に混ぜこんだドイツの伝統菓子なのです。

ドイツ人女性に教えてもらったレシピは
彼女もプファルツ地方出身の義理のおばあちゃんから教わったというとっておき。

赤ワインを練りこんだパンはワイン色の断面になるけれど、
このクーヘンは削りチョコレート、カカオやシナモンなど色の濃い粉末も加えるせいか、
赤は埋もれてしまいます。
でも、カカオに赤ワインの香りが加わってとても芳しい〜☆
ホント、これは今まで体験したことがないほどうっとりなマッチング。

赤ワインのほのかな酸味が後味となって、とても印象に残る焼き菓子です。

主な材料は、小麦粉、バター、砂糖、卵、赤ワイン、カカオ、シナモン、ベーキングパウダー、バニラ…

私は味のアクセントにドライサワーチェリーを赤ワインでマリネして混ぜこみ、
その残り汁で粉砂糖を溶いてピンクのアイシングをかけてプチアレンジ。
地味な色が少しかわいくなったかなぁ〜。

シナモン風味のホイップクリームを添えていただきます☆

これ、2年前にドイツで食べた赤ワインクーヘンより好み。
実はドイツには様々な赤ワインケーキのレシピがあるようです。

次回はドイツ・プファルツ地方で食べた赤ワインケーキを紹介しますね。(回想録!?)
トラックバックURL:
Tracked from bingo at 2013年06月17日 23:13タイトル:bingo
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
ページトップ ▲