レープクーヘンムース・ミット・マンゴザーネ 

2010/01/30
こんにちは。
ただいま東京のサロン・デュ・ショコラ(SDC)真っ最中につき、記事の更新はさぼりぎみ…。
本当はショコラーな話題もいっぱいあるのですが、
何でだか自分の頭の中がまだ昨年の旅のまま。
なので、タイムリーなSDCの話題は他にお任せしておきます。とりあえず☆

さて、ドイツのシュヴァーベン地方、人口約8万の町チュービンゲン旧市街をざっと歩いても、
ショーウインドウにトルテが並ぶケーキ屋は見かけなかったし
宿のおかみさんに聞いても名前が出てこなかったわけですが
旅の最終日、出発寸前、宿に戻る道をいつもと変えたところで発見したのです。

Tübinger Zuckerbäcker
チュービンガー・ツッカーベッカー
Tübinger Zuckerbäcker (Ammergasse 16)
Zuckerbäckerとはドイツ語でお菓子の意味。
一面のガラスに記されている文字は店名に続き‘Patisserie&Confiserie’
パティスリー&コンフィズリーというフランス語!

中に入ってショーケースを見ると、ドイツにしてはやや小ぶりなムース系が並んでいます。
ある意味一昔前のデコレーションとも感じるけれど、
これがドイツから見たフランス風ケーキということかしら??

ともかく、時間がないので急いで選ばねば〜。
ショコラ系も捨てがたかったけれど、店員さんおすすめにピンっとアンテナが立ちました。
それがレープクーヘンムース・ミット・マンゴザーネ
Lebkuchen mousse mit Mangosahne (Tübinger Zuckerbäcker にて)
マンゴではなく、レープクーヘンに反応してしまって〜。
レープクーヘンとは、はちみつとシナモン、クローブ、ナツメグなどのミックススパイスを
ふんだんに練りこんだドイツの伝統菓子のひとつ。
フランスでいうパンデピスみたいなもの。
実は私、この手のスパイス系に目がないのです。

ロウソクやクロスでセンスよくまとめられたイートイン席に運ばれたところを急いで撮影、そして口の中へ。

ん、凍っている???

フォークを下まで降ろした断面がじゃりっと固いっ。。。

ムースを冷凍して作るのはお店では常識的ではありますが、、、
解凍が不充分のままを食べるのは辛いなぁ。

構成は単純でシャルロット状に巻いた生地の中身はすべてマンゴのムースでした。
レープクーヘンはどこに?
ひょっとして周りの生地だけとか〜。
聞き出す時間もなくその場を去りました。
(味は可もなく不可もなく…)

あとでサイトを見てみると、なんとなくフランチャイズ展開のお店っぽいのです。
だから解凍したケーキだったのか、ドイツ語なのではっきり言えませんが…。
なんとなくパン屋もチェーン店ばかり目立ったのが昨年のドイツの印象です。
(もちろんおいしいと思うお店もありましたが☆)

では職人の顔が見える店ってどこに!?
ショコラをとってみたって、フランスほどシェフ個人が目立つお国柄ではありませんからね。
理想ばかり抱いている私のような日本人とドイツ人では価値観が違うのかもしれません。
そしてRINOさんの修行したようなお店に出会えなかっただけ。
その代り、家庭の中に甘い香りを見つけたのですからバンザイです☆

(次回は家庭菓子の話…書けるかな?)
トラックバックURL:
Tracked from seo company at 2013年07月04日 03:49タイトル:seo company
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
Tracked from single trip travel insurance at 2013年06月13日 17:37タイトル:single trip travel insurance
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
Tracked from payday loans no credit check at 2013年05月18日 12:33タイトル:payday loans no credit check
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
Tracked from reverse phone at 2013年05月05日 14:55タイトル:reverse phone
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
ページトップ ▲