オーストリアのイースター★パン 

2009/04/20
 イースターの食べ物シリーズ〜♪ 

 今度はオーストリアの菓子パン‘オスターピンツェン’。

 何年か前のオーストリア菓子講習会で、その味を知って以来、何気にはまっている季節もの。甘い香りのスパイス・アニスを混ぜ込んだバターと卵入りのリッチな生地は、自分でも何度か作ったこともあるけれど、やっぱり本場もんが食べたい!!

 …といっても、すぐにオーストリアに飛びたてるわけがなく…。

 福岡にあるオーストリア人マイスターのお店「サイラー」からお取り寄せ作戦♪

 オスターピンツェン=イースターのきのこ〜の形は焼く前に頭をハサミで三つにきり込んで開いた傘!? とってもおちゃめな仕上がりにふふふっと微笑んでしまう。現地ではこの開いたところにゆで卵をのせたりすることもあるらしく、撮影用に巣篭もり卵チョコ載せてみたりして…。

 サイラーのオスターピンツェンは、アニスは使わずレモン風味なのに、ほんわり甘くやさしく、口の中で春が開く。クリスマスのどっしりドライフルーツの詰まったシュトレンのようなパンから、春の訪れと共に身軽に衣替えをした感じ。この儚さは日本の桜にも通じるなぁ。。。

 今年は日本におけるオーストリア年。オスターピンツェンと桜餅の関係、ぐっと近くならないかなぁ。
トラックバックURL:
Tracked from www.wepaste.org at 2013年06月25日 01:30タイトル:www.wepaste.org
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
Tracked from fat burners at 2013年06月22日 10:34タイトル:fat burners
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
ページトップ ▲