プルーンいろいろ 

2011/09/15
旬のプルーンを求めて、またもや塩尻の塩原農園さんへ。

 オ・プティ・マタンで使ったローブ・ド・サージェンはもう終わりの時期で、酸っぱくなったからどうかな・・とスタッフの声に試食すると・・・ほんとだ、濃厚な甘さより酸味が目立つ。同じ品種(樹?)でも収穫時期によって味の状態が違ってくるそう。確かにうちのブラックベリーも初もぎの方が香りも甘さも優れていた。だから値段も安くなっているのか〜。果物の実態ってまだまだ知らないことばかり。

 だから今回は食べごろの品種を味を見て3種買ってきた。写真左から「くらしま」「ビッグフレンチ」「サンタス」。形、大きさ、色も違ってかわいい。

「くらしま」は「くらしま早生」とまた違う品種で、甘さより酸味が目立つ。糖度約15度。

「ビッグフレンチ」って名前はどうよ!?(笑)でも値段は一番高くて甘くジューシーで糖度約19度。

「サンタス」は酸味が際立つので、園主によれば火を入れるお菓子に向く品種なのだとか。しかし配送には向かない完熟のやわらかいものは驚くほど甘い! 私のBrix計で糖度20度超えていた(ワイン用ぶどうと同じ位甘い)。 つまり酸味もあるけれど糖度も十分のポテンシャル大な品種ってことかな〜。

 よし、サンタスで焼きこんでみるかな。その前にそのままパクパク食べちゃいそうだな(笑)。

お庭のアーモンドが… 

2010/05/21
 植えてから2年目、今年3月下旬に花をつけた我が家のアーモンドの木。

 しかし…今年の寒の戻りとか天候不順のせいか、私の育て方の問題か、結実したのはたったわずか数個。

 それが先週には3個になり、おととい…またひとつ落下してしまいました。がーん。

 直径およそ2cmの、薄茶色くなった緑のフットボール型。

 手に取ったときにはショックだったけれど、中身がどこまで成長しているか見てみることにしました。

 指で二つに裂いてみると、中心に薄皮をまとった米粒くらいのアーモンドが顔を出しました。果肉や種皮は空気に触れみるみる茶色くなっていきます。その薄皮をつるんと剥がすと、きらきら透き通ったアーモンドの赤ちゃん登場。


 青臭い〜だけどきれい!
 
 思わず口の中にぽいっ。と…その瞬間

 げっ、苦ーーーーいっ。

 苦笑★何でも試してみようとすると、たまにこんなことになります。


 甘くて香るアーモンドを夢見ていたけれど…とうとう木についた実はひとつになってしまいました。
ページトップ ▲