カルチャーショック! 

2011/06/30
いただきもののイギリスのチョコレート。

その名は「culture shock」。

ぱっと見、ホワイトチョコで甘そう。

はい、口に入れてすぐは確かにミルキーに・・・でも

「・・・4、3、2、1

きたーーーーーーーーっ!!!」

17%のドラゴンジンジャーと、わずか1%未満の唐辛子が脳をかき乱す。

ホワイトチョコは甘ったるくて子供っぽい、なんて図式がバリバリバリっと壊れた。

しかも食べ終わった後は意外にすっきり。

材料はオーガニックで上質だから、チープなお遊び罰ゲームにならない。

すごいね、この時間差もパッケージも含め、イギリス人のジョークがいい味出している。

*参考までにパッケージの裏のコメントを紹介。↓

This bar is one to make your tongue tingle.
The white chocolate helps to sweeten and cool the ground chilli and our much-hyped dragon ginger.
Admittedly you still have to like white chocolate so don't do what one customer did buy the bar, eat it all and then ask for his money back because he didn't like white chocolate !

こういう刺激的なチョコ、夏にはいいかも☆

・・・どんな会社かなと検索したら、日本にも入ってきているのね〜!
しかもそんなに高くない。
またしてもカルチャーショック〜。
by fruitsnoirs | チョコレートの紹介 

アンリ・ルルーさん、募金協力ありがとう☆ 

2011/03/20
 ブルターニュの塩バターキャラメルの生みの親で、サロン・デュ・ショコラでもお馴染のショコラティエ〜アンリ・ルルーさんのお店から不定期のメルマガが届いた。

 いつもは母の日、クリスマス、お正月、ヴァレンタイン、など行事ごとのショップ案内なのだけど、今回は「Henri Le Roux est solidaire avec le Japon」と題して、4月3日まで売り上げの3%をフランス赤十字を通して日本支援のための募金してくださるという内容だった。‏

 サロン・デュ・ショコラ東京でお会いしたルルー夫妻のやさしい笑顔が浮かんだ。ありがとう!

 海外のお菓子屋さんも応援してくれている。心強いな☆
by fruitsnoirs | チョコレートの紹介 
ページトップ ▲