すてきなチョコレートのアドヴェントカレンダー☆ 

2010/12/07
今年の10月に訪ねたストックホルムのチョコレート祭り。

たくさんのチョコレートに目移りする会場で、ひときわ美しく目をひいていたのがここ。
花あしらいも素敵なショコラのディスプレーと
出来立てのゴマガナッシュの試食に足をとめる人も多かったのですが、

私の目に入ったものはボンボンの脇に並べられたこのパッケージ!
↓ ↓ ↓
ヨーロッパではおなじみのアドヴェントカレンダー!

クリスマスまでの24日カレンダーを一日一枚ずつめくって、
出てきたお菓子を食べながらその日を待つというお楽しみ箱。

♪もういくつ寝るとお正月〜お正月には・・・

という日本の歌に似ているようで、日本は当日が来てからのお楽しみだからちょっと違うかな!?


一般にアドヴェントカレンダーは子供向けのデザインと中身なので、買ったためしがないのですが

このスウェーデンらしいデザインに一目ぼれ☆

「これください!」

とお願いしたものの、チョコレート祭り時点ではまだ箱のみの状態で非売品でした〜。

でもうれしいことに、あと少ししたら日本でも手に入ることを教えてもらったのです。

あっ、そうか!

こちらチョコラードファブリケン(CHOKLADFABRIKEN)は日本にもお店があったことを思い出しました。


そして先日手に入れたのがこれ☆
↓ ↓ ↓
左が大人用〜ビターチョコレート入り
右が子供用〜ミルクチョコレート入り

絵的には子供用がほしい!
・・・のだけどチョコ的にはビターが食べたい!

ということで両方お買い上げ。

チョコラードファブリケンでは今年初めてアドヴェントカレンダーを作ったそうなので
次作はめくる日によって種類の違うチョコが出てきたらもっと楽しいなぁ〜。


な〜んて、中身はおいておいて、
カレンダーを裏返すとにくい工夫が!!
↓ ↓ ↓
大人用にはカルダモン風味のガナッシュレシピが〜。

子供用には、クリスマス当日に空箱を利用して動くサンタ人形を作れるようになっているのと
Tomtechokladというチョコレートの焼き菓子レシピが載っています。
ああ、なんて楽しい〜♪


大人用のカレンダーをめくってみるとこんな感じ。
↓ ↓ ↓

扉を開くと良質のチョコレートと一緒に毎日違うメッセージが出てきます。
(本当はチョコレートは裏返しに入っています)

スウェーデン語なので、意味はトンチンカンですが〜
(チョコレートは34℃で溶ける、、その後は自動翻訳機では???)

さぁ〜て、クリスマス当日のメッセージは何かな。
年の瀬のあわただしさも、こんなチョコレートの楽しみがあれば乗り切れます☆
トラックバックURL:
Tracked from bingo at 2013年06月18日 00:35タイトル:bingo
ショコラーへの道 --CAKEPIA BLOG
現在、コメント投稿機能を停止しております。今しばらくおまちください。
ページトップ ▲